製品設定 – Sources

この Sources「製品設定」セクションには、製品を配布できるソースが一覧表示されます。 これは、ソースの割り当てと割り当て解除、および製品の数量と可用性の管理に使用します。 このセクションは、ストアに複数のソースが定義されている場合にのみ表示されます。 ソースの詳細については、を参照してください ソースの管理.

製品のソースの割り当て

  1. クリック Assign Source.

  2. 必要なソースのチェックボックスをオンにします。

  3. クリック Done.

  4. を選択 Source Item Status を入力し、 Qty および Notify Qty 必要に応じて、の値を指定します。

  5. クリック Save 変更を保存します。

ソースビュー {width="600" modal="regular"}

フィールド参照

フィールド
説明
Name
ソースの一意の名前。
Source Status
製品がカタログで有効になっているか無効になっているかを判断します。
Source Item Status
商品の現在の可用性を決定します。 オプション:
In Stock– 製品を購入できるようにします。
Out of Stock - バックオーダーが有効化されていない限り、は製品を購入できないようにし、カタログからリストを削除します。
Qty
各ソースの手持在庫金額。
Notify Qty
の金額 数量を通知 この特定のソースに対して Notify Quantity Use Default が選択されていません。
Notify Qty Use Default
デフォルト設定を使用することを示します 数量を通知 商品の詳細在庫またはストア設定のグローバル設定。 製品の高度なインベントリ設定の詳細については、を参照してください。 製品の詳細オプションの設定.
Actions
割り当てられたソースに対して、 Unassign :製品でソースを使用できないようにします。 未割り当てのソースに対して、 Assign Sources 製品のソースを使用可能にします。 詳しくは、 Assign Sources オプション、を参照 製品ごとのソースの割り当て.
recommendation-more-help
af062d56-f22c-4537-813d-bedf8b92a071