お使いの環境で Microsoft Edge Chromium を有効にする方法 edge-conf

変更点

Microsoft Internet Explorer 11 のサポート終了に伴い、クライアントコンソールのダッシュボードの HTML レンダリングエンジンは、Campaign Classic v7.3 から Edge Chromium を使用しています。

あらゆるクライアントコンソールのインストールに必要になった Microsoft Edge Webview 2 ランタイムのインストールに加えて、インスタンスで Microsoft Edge Chromium を有効にする必要があります。

影響の有無

お使いの環境が Campaign Classic v7.3(以降)にアップグレードされている場合、影響を受けます。

更新方法

  • ホステッド ​環境のお客様には、アドビはお使いのインスタンスで Microsoft Edge Chromium を既に有効にしています。追加のアクションは不要です。

  • オンプレミス/ハイブリッド ​環境のお客様は、お使いのインスタンスで Microsoft Edge Chromium を有効にする必要があります。

    Campaign Classic v7.3(以降)にアップグレードすると、新しい webView2Mode 属性が Campaign サーバー設定ファイル serverConf.xml で使用可能になります。この属性を有効にする必要があります。

    これを実行するには、すべての環境(MKT、MID、RT)で次の手順を適用します。

    1. Campaign サーバー設定ファイル(serverConf.xml)を編集します

    2. <web> モジュールで、webView2Mode = "1" を設定します

    3. 次のコマンドを実行して、サーバー設定をリロードします。

      code language-none
      nlserver config -reload
      
    4. 次のコマンドを実行して、web サーバーを再起動します。

      code language-none
      nlserver restart web
      
    5. お使いの環境で Apache を web サーバーとして使用している場合は、次のコマンドを実行して Apache を再起動します。

      code language-none
      /etc/init.d/apache2 restart
      
NOTE
これらの変更点に関するご質問については、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

関連トピック

recommendation-more-help
601d79c3-e613-4db3-889a-ae959cd9e3e1