複数サンドボックスイベント転送のデータ収集

このブループリントは、 Experience Platform Web および Mobile SDK は、単一のイベントを収集し、複数の AEP サンドボックスに転送するように設定できます。 このブループリントは、イベント転送を使用してこの目標を達成する複数サンドボックスデータ収集に特化しています。

イベントのレプリケーションに加え、イベント転送機能を使用して、オリジナルの収集データからその他のサンドボックスの要件を満たすものを追加したり、フィルタリングしたり、操作したりできます。

イベント転送は、データ要件に必要なデータ要素、ルール、拡張機能を含む個別のタグプロパティを使用します。受信イベントを使用すると、イベント転送プロパティでデータを収集し、転送の前に必要に応じて管理できます。

宛先サンドボックスには、Adobe Cloud Connector 拡張機能で使用される HTTP ストリーミングエンドポイントが設定されている必要があります。

ユースケース

  • グローバルデータレポート - 複数のサンドボックスを使用して操作環境を分離し、クロスサンドボックスレポート用にデータ収集を 1 つのサンドボックスに統合する必要がある場合。イベント転送を通して Experience Edge イベントをレポートサンドボックスにルーティングすると、各サンドボックス操作環境は、リアルタイムで収集されたデータをレポートサンドボックスに送信できます。

  • サンドボックスの操作環境ごとに異なるデータルールに基づいて、サンドボックス全体のデータ収集を管理します。

アプリケーション

  • Experience Platform データ収集
  • イベント転送
  • AEP 拡張機能
  • Cloud Connector 拡張機能

注意点

複数のサンドボックスにデータを送信するアプローチとしてイベント転送を使用する際、ソリューションアーキテクチャで考慮するべき懸念事項があります。

HIPAA データなし

イベント転送 は HIPAA Ready とは見なされず、HIPAA データが収集される HIPAA の使用例では使用しないでください。

ただし、 イベント転送 は HIPAA 対応と見なされ、お客様の裁量にのみ従います。 イベント転送タグのプロパティはイベント転送システムに存在しますが、収集されたデータペイロード全体がイベント転送システムに送信されて処理されます。このプロセスは イベント転送 HIPAA の使用例に関する情報を含む ) ペイロード全体が イベント転送 システムの場合、このプロセスには HIPAA 値が含まれます。 たとえ イベント転送 ルールは、宛先に送信する前に、HIPAA データが HIPAA 対応でないインフラストラクチャに送信されることをフィルタリングします。 ただし、ペイロードデータは保存されず、単にパススルーになります。

異なるデータストリームとストリーミングエンドポイント

データが Platform Edge Networkを使用する場合 イベント転送 別の AEP サンドボックスに対しては、元のコレクションを作成するデータストリームと同じデータストリームまたはストリーミングエンドポイントを使用しないでください。 AEP インスタンスに悪影響を与え、DoS の状況が発生する可能性があります。

推定トラフィック量

トラフィック量は、各ユースケースでの確認に必要です。トラフィック量が多いとスロットルが発生する可能性があるので、この処理は重要です。発生した場合はお客様に通知されます。

アーキテクチャ

複数サンドボックスイベント転送

  1. イベントデータを収集し、 Platform Edge Network は、使用する必要があります イベント転送. Adobeタグは、クライアント側または Platform Edge Network Server API サーバー間データ収集用

    The Platform Edge Network API は、サーバー間収集機能を提供します。 ただし、実装するには別のプログラミングモデルが必要です。 Edge Network Server API の概要を参照してください。

  2. 収集されたペイロードは、タグ実装から Platform Edge Network から イベント転送 独自に処理された データ要素, ルール、および アクション. 違いについて詳しくは、 タグと イベント転送.

  3. An イベント転送 プロパティは、収集されたイベントデータを Platform Edge Network ( そのイベントデータが Platform Edge Network デプロイ済みのタグ実装またはサーバー間コレクションによって

    作成者は、2 番目のサンドボックスに転送する前にイベントデータのエンリッチメントに使用する、データ要素、ルール、アクションを定義します。カスタムコードの JavaScript データ要素を使用して、サンドボックス取り込み用のデータを構造化するのに役立てることを検討してください。Platform のデータ準備機能と組み合わせて、データ構造を管理するオプションがいくつかあります。

  4. 現状、イベント転送プロパティ内で Adobe Cloud Connector 拡張機能を使用する必要があります。ルールがイベントデータを処理またはエンリッチメントした後、 クラウドコネクタ は、POSTに対して設定されたフェッチ呼び出し内で使用され、ペイロードを 2 番目のサンドボックスに送信します。

  5. 2 番目のサンドボックスには、データ取り込み用のストリーミングエンドポイントが必要です。 また、 データ準備 AEP の機能 ( イベント転送 XDM へのペイロード。 AEP ドキュメント UI を使用した HTTP API ストリーミング接続の作成を参照してください。

recommendation-more-help
045b7d44-713c-4708-a7a6-5dea7cc2546b