サポートされる HTTPS 暗号化アルゴリズム

暗号セキュリティレベル

アドビでは、2 種類の暗号セキュリティレベルを提供し、ファーストパーティのデータ収集におけるセキュリティに関するお客様の様々なニーズに対応しています。これらのレベルは、Adobeサーバーとの HTTPS 接続でサポートされる暗号化アルゴリズムを決定します。 Adobeは、現在のセキュリティ慣行に基づいて、サポートされているアルゴリズムのセットを定期的に確認および更新します。 暗号セキュリティ設定を変更する場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。

「Standard」を使用するには、TLS 1.2 以降および 128 ビット以上の暗号化が必要です。 安全な暗号化を維持しながら、最も広いデバイスの互換性を提供するように設計されています。

「高」暗号セキュリティレベルは TLS 1.2 以降を必要とし、より弱い暗号のサポートを排除する。 最も強い暗号化を求め、古いデバイスのサポートを気にしないお客様向けに設計されています。

次のクライアントは、「High」に設定された暗号セキュリティで接続できないことが知られています。

  • Windows 8.1 以前(最終更新は 2018年)
  • Windows Phone 8.1 以前(最終更新は 2016年)
  • OS X 10.10 以前(最終更新は 2017年)
  • iOS 8.4 以前(最終更新は 2015年)

サポートされている HTTPS 証明書の種類

Adobeは、RSA 証明書と ECC 証明書の両方の種類をサポートし、お客様の様々なニーズに対応します。 RSA 証明書は、クライアントに対してより広くサポートされていますが、ECC 証明書は、サーバ側とクライアント側の両方で使用される処理を減らします。 Adobe管理証明書の場合、RSA と ECC の両方が提供されます。 お客様が管理する証明書の場合は、RSA と ECC の両方を推奨します。 最新のクライアントは、RSA と ECC の両方をサポートしています。 次のクライアントは、RSA 証明書のみをサポートしています。

  • Windows Vista 以前(2012 年最終更新)
  • Windows Phone 8.0 以前(最終更新は 2014年)
  • OS X 10.8 以前(最終更新は 2013年)
  • iOS 5.1 以前(最終更新は 2012年)
  • Android 4.3 以前(2013 年最終更新)
recommendation-more-help
df89a595-bae4-48f4-9606-e55c9666ee49