仮想レポートスイートを特定の日付に制限

ステッチをオンにすると、特定の日付にステッチが始まります。 その日付が 6 月 1 日だと仮定しましょう。 CDA 仮想レポートスイートには、6 月 1 日より前の未関連付けデータが含まれます。 6 月 1 日より前の仮想レポートスイートのデータを非表示にして、結び付けが開始された後に日付範囲に焦点を当てることができます。

次の手順を実行して、仮想レポートスイートのデータを特定の日付に制限できます。

手順 1:日周期の日付範囲を持つ仮想レポートスイートを作成する

仮想レポートスイートを設定する際、「コンポーネント」の下で、開始日が固定の日付範囲を日周期で追加します。 開始日固定は、ステッチを開始した日にする必要があります。

手順 2:「除外 - 除外」セグメントの作成

次に、別の除外コンテナ内の除外コンテナに日付範囲を配置するヒットセグメントを作成します。 これは「除外」です。

「除外」が除外されるのは、日付範囲がレポートの日付範囲を上書きするためのものであるためです。 したがって、6 月 1 日以降を含めると、レポートの日付範囲は常に 6 月 1 日以降になります。 これは望ましくない結果につながります。 「除外する」場合、この動作が上書きされ、から描画できるデータが適切な日付範囲に制限されます。

手順 3:このセグメントをクロスデバイス分析仮想レポートスイートに適用する

手順 4:結果をレポートで確認

レポートは、ステッチが最初に実装された日と同じ日の、目的の日付に開始します。

recommendation-more-help
46b8682c-fda6-4669-9355-1a44923e549e