Adobe Analytics:効率化とセルフサービスを実現するシンプルな秘訣

パート 1:UI の外で

この記事では、分析チームが今日直面している主な課題と、Adobe Analytics インターフェイス以外の戦略を使用してそれらを克服するための推奨事項について説明します。

分析チームにとっての主な課題

多くの分析チームは、仕事の配分がアンバランスだと考えています。分析に 80%、実装に 20%の配分にすべきところを、多くの組織がその逆の状態にあります。価値の高い洞察を得るための分析を行うよりも、準備、レポート作成、サポートに労力のほとんどを費やしています。

分析チームは、様々な理由で生産性や効率性が低下していると感じています。これには、常に変化し、進化する手段の実装、組織におけるデータの信頼性の維持、アナリストの離職率の抑制などが含まれます。離職者数を減らすと、新しいチームメンバーが不慣れなカスタム実装ツールのトレーニングを行う時間を省くこともできます。

アナリストが直面するその他の主な課題は次のとおりです。

  • 競争: ​オンラインおよびマルチチャネルの小売業者は、より競争が激しくなります。
  • 顧客の期待: ​顧客体験とマーケティング戦略はより複雑になります。
  • データの価値: ​正確なデータとインサイトの価値により、競争優位性を高めることがますます重要になります。
  • 関係者の期待: ​ビジネスパートナー、株主、経営陣は、承認前にデータを要求することが多くなっています。
  • プロジェクト管理: ​分析チームは、絶え間なく追加される新機能に対するデータ収集の実装要求に圧倒されると同時に、正確なレポートを生成し、新しいアナリストを養成し、次の新しいインサイトを引き出しています。

効率化の鍵:UI の外で

  1. ソリューションデザインリファレンス(SDR)を最新に維持

    • SDR は、分析の実装におけるすべての変数の定義と使用目的に関する主要な情報源です。
    • SDR は、Adobe Analytics の UI から価値を引き出すために、ユーザーが熟知している必要がある主要なリファレンスです。
    • SDR を常に更新し、バージョンを管理する(簡単な日付形式を使用可能)ことが重要です。
  2. データ収集に関するドキュメントとガバナンス - 技術仕様

    技術仕様は SDR よりも利用者が限られますが、完全に機能する実装のためには、同じくらいに重要です。優れた技術仕様とは、ソリューションの実装に必要なすべての開発、QA、タグ管理などのリソースです。固有の実装アーキテクチャに対応するために、必ず必要な数のドキュメントを保持するようにしてください。

    技術仕様

    ユースケース: ​データ収集用のスクリプトの作成方法を説明する手順

    メインユーザー: ​開発者

    その他のメモ:

    • 独自のデプロイメント環境に合わせて作成された高度な技術ドキュメント
    • 初期の実装とそれ以降のメンテナンスやリファレンスの両方に役立つ
    • ソリューションタイプ(キャンペーントラッキング、ページメタデータなど)別に整理する
    • プライマリドキュメントは、SDR の変更が行われるたびに更新および管理する必要がある
    • 中央リポジトリである
    • SDR と技術仕様のバージョン番号を同期させる
  3. 立ち上げ時にソリューション設計意図を伝えて文書化します。

    • ユーザーとのコミュニケーションを念頭に置く
    • データ収集を開始または強化する際に、関係者と共有できる簡単な要約を作成する
    • 最初から適切な変数の使用を強化する
    • 開始の概要を知らせるメールを主要な関係者およびアナリストに送信する
    • 業務時間、チーム啓発セッション、チーム固有のオンボーディングのサポートに使用できるライブラリを作成する
  4. データ収集に関するドキュメント、ガバナンス、データ衛生 - AHD:

    Analytics ヘルスダッシュボード(AHD)では、シングル ​レポートスイートを深く掘り下げ、すべてのコンポーネント(eVar、prop、イベント)で収集されたデータのビューを提供します。これは、コンポーネントへのデータ収集が停止したことを指摘し、問題を修正するための対策を講じるのに役立ちます。このダッシュボードは、今後任意のレポートスイートでいつでも実行できます。

    Analytics ヘルスダッシュボード(AHD):

    ユースケース: ​単一のレポートスイートでキャプチャされるすべての指標およびディメンションのスナップショット

    メインユーザー: ​分析担当の SME や開発者

    その他のメモ:

    • Adobe Reporting API のカスタム統合を使用して Excel を通じて提供
    • ユーザーは Analytics web サービス API へのアクセス権が必要
    • 半自動化オプションが存在する
  5. SME(内容領域専門家)の世界を広げることで勝利を収めます。

    • 組織内の様々なチームに SME を確立します
    • リリースと勝利のソーシャル化を支援することで、存在感を高めます
    • 通常の業務時間を使用してトレーナーを育成し、アドホックな質問を減らす

戦略と思考のリーダーシップに関する詳細は、カスタマーサクセスのハブを参照してください。

recommendation-more-help
b5d9c99f-be9f-4b96-8809-4e7d6ae353ba