Adobe Advertisingの属性ルールの計算方法

コンバージョントラッキングのAdobe Advertisingを持つ広告主のみ

広告主レベルのアトリビューションルールは、コンバージョンにつながる一連のイベントの中で、(複数の広告チャネルにまたがる可能性がある)コンバージョンデータをアトリビュートにするために使用します。

Advertising Search、Social、& Commerce(検索、Social、&Commerce)、および(一部のユーザーの役割)ポートフォリオレベルのシミュレーションのレポート、デフォルトビューおよびカスタムビューでは、選択したルールは、ビュー、レポートまたはシミュレーションデータでのみ使用されます。 様々なアトリビューションルールを次のように適用します。

NOTE
  • アトリビューションルールは、任意のチャネルの有料広告でのクリック数、およびディスプレイ広告とソーシャル広告でのインプレッション数に適用されます。 有料検索広告のインプレッション数には適用されません。イベントレベルでは追跡できません。
  • Adobe Advertisingは、コンバージョン前に、各 Web サーファーに関して常に次のイベントを保存します。a) 最初の有料クリック、b) 最初のクリックを含む各チャネル(検索、ソーシャルまたは表示)で最大 10 回のクリック、c) 最大 10 回のディスプレイインプレッション。
  • Advertising DSPとAdvertising Creativeでは、クロスデバイス定義は、選択されたアトリビューションルールからのイベントパスのみを考慮します。
  • レポートおよび管理ビューでは、値の小数点以下の桁数は通貨によって異なりますが、Adobe Advertisingではより正確な値が格納されます。

最後のイベント(デフォルト)

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック また、有料クリックが発生しなかった場合は、広告主の インプレッションのルックバックウィンドウ.

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

最後のイベント属性の割合

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、120 USD のコンバージョン

コンバージョンは、120 米ドルの金額でクリック 3 に属します。

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、120 USD のコンバージョン

コンバージョンは、120 米ドルの金額でクリック 1 に関連付けられます。

すべてのインプレッションを含む例

注意: 表示およびソーシャル広告のインプレッションのみを適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、120 USD のコンバージョン

コンバージョンはインプレッション 3 に属します。 変換はビュースルーなので、レポート設定の「コンバージョン属性」セクションで選択したビュースルー評価方法が適用されます。

  • レポートのパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けを指定した場合、その重み付けがビュースルーに適用されます。 例えば、広告主のビュースルーの重みが 40%の場合、120 USD x 40% = 48 USD なので、48 USD はインプレッション 3 に関連付けられます。

  • レポートパラメータでビュースルーに生の値を使用するように指定した場合、ビュースルーに重み付けは適用されず、完全な 120 USD はインプレッション 3 に関連付けられます。

最初のイベント

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック また、有料クリックが発生しなかった場合は、広告主の インプレッションのルックバックウィンドウ. このルールは、単一のデバイスでのみイベントに使用できます。

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

最初のイベント属性の割合

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、120 USD のコンバージョン

コンバージョンは、120 米ドルの金額でクリック 1 に関連付けられます。

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、120 USD のコンバージョン

コンバージョンは、120 米ドルの金額でクリック 1 に関連付けられます。

すべてのインプレッションを含む例

注意: 表示およびソーシャル広告のインプレッションのみを適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、120 USD のコンバージョン

コンバージョンはインプレッション 1 に属します。 変換はビュースルーなので、レポート設定の「(ディスプレイキャンペーン)コンバージョン属性」セクションで選択したビュースルー評価方法が適用されます。

  • レポートのパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けを指定した場合、その重み付けがビュースルーに適用されます。 例えば、広告主のビュースルーの重みが 40%の場合、120 x 40% = 48 USD なので、48 USD はインプレッション 1 に関連付けられます。

  • レポートパラメータでビュースルーに生の値を使用するように指定した場合、ビュースルーの重み付けはビュースルーに適用されず、完全な 120 USD はインプレッション 1 に関連付けられます。

最初のイベントの重み付けの詳細

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウですが、最初のイベントに最も重み付けが適用され、次のイベントに対する重み付けが徐々に軽減されます。このルールは、単一のデバイスをまたいだイベントでのみ使用できます。

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

コンバージョンパスに有料クリック数とインプレッション数の両方が含まれる場合、インプレッションの扱いはAdobe Advertising製品ごとに異なります。

  • 検索、ソーシャル、コマースで、 インプレッションの上書きの重み付け — 広告主のインプレッションの上書きの重み付け設定と、レポート、表示またはカスタムシミュレーションのパラメーターで指定される — は、まずインプレッションに適用されます。

  • DSPでは、インプレッションは無視され、クリックのみが重み付けされます。 DSPでは、アトリビューションに対してインプレッションの上書きの重み付けは考慮されません。

最初のイベントの重み付けの割合を増やす

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、120 USD のコンバージョン

属性:クリック 1 = 60 USD、クリック 2 = 40 USD、クリック 3 = 20 USD(合計 120 USD)

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、クリック 2、120 USD のコンバージョン

(検索、ソーシャル、コマースのみ)デフォルトの「インプレッションの上書きの重み付け」を 10%使用

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッションの上書きの重み付けはインプレッション数に適用されます。

属性:インプレッション 1 = 8 USD、クリック 1 = 72 USD、インプレッション 2 = 4 USD、クリック 2 = 36 USD(合計 120 USD)

(DSPのみ ) インプレッションの上書きの重み付けを使用しない、または(検索、ソーシャル、コマースのみ)「インプレッションの上書きの重み付け」が 0%に設定されている

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッション数は無視されます。

属性:インプレッション 1 = 0 USD、クリック 1 = 80 USD、インプレッション 2 = 0 USD、クリック 2 = 40 USD(合計 120 USD)

すべてのインプレッションを含む例

注意: ディスプレイ広告のインプレッションのみを適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、120 USD のコンバージョン

変換はビュースルーなので、インプレッションの上書きの重み付けではなくビュースルーの評価方法が適用され、各インプレッションの値が決定されます。

  • レポートパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けが指定されている場合、その重み付けがインプレッションの値に適用されます。 例えば、ビュースルーの重み付けが 40%の場合、インプレッション 1 = 24 USD、インプレッション 2 = 16 USD、インプレッション 3 = 8 USD(合計 48 USD)

  • レポートパラメーターでビュースルーに生の値を使用するように指定した場合、インプレッションにはビュースルーの重み付けは適用されず、インプレッション 1 = 60 USD、インプレッション 2 = 40 USD、インプレッション 3 = 20 USD(合計 120 USD)の 3 つのインプレッションが分割されます

均等配分

NOTE
このルールは、単一のデバイスでのみイベントに使用できます。

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウ.

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

コンバージョンパスに有料クリック数とインプレッション数の両方が含まれる場合、インプレッションの扱いはAdobe Advertising製品ごとに異なります。

  • 検索、ソーシャル、コマースで、 インプレッションの上書きの重み付け — 広告主のインプレッションの上書きの重み付け設定と、レポート、表示またはカスタムシミュレーションのパラメーターで指定される — は、まずインプレッションに適用されます。

  • DSPでは、インプレッションは無視され、クリックのみが重み付けされます。 DSPでは、アトリビューションに対してインプレッションの上書きの重み付けは考慮されません。

均等属性の割合

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、120 USD のコンバージョン

インプレッションが発生しなかったので、インプレッションの上書きの重み付けは適用されず、コンバージョンが 3 回のクリックで等しく分割されます。

属性:クリック 1 = 40 USD、クリック 2 = 40 USD、クリック 3 = 40 USD(合計 120 USD)

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、クリック 2、120 USD のコンバージョン

(検索、ソーシャル、コマースのみ)デフォルトの「インプレッションの上書きの重み付け」を 10%使用

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッションの上書きの重み付けはインプレッション数に適用されます。

属性:インプレッション 1 = 6 USD、クリック 1 = 54 USD、インプレッション 2 = 6 USD、クリック 2 = 54 USD(合計 120 USD)

(Adobe Advertising DSPのみ ) インプレッションの上書きの重み付けを使用しない、または(検索、ソーシャル、コマースのみ)「インプレッションの上書きの重み付け」が 0%に設定されている

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッション数は無視されます。

属性:インプレッション 1 = 0 USD、クリック 1 = 60 USD、インプレッション 2 = 0 USD、クリック 2 = 60 USD(合計 120 USD)

すべてのインプレッションを含む例

注意: ディスプレイ広告のインプレッションのみを適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、120 USD のコンバージョン

変換はビュースルーなので、インプレッションの上書きの重み付けではなくビュースルーの評価方法が適用され、各インプレッションの値が決定されます。

  • レポートパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けが指定されている場合、その重み付けがインプレッションの値に適用されます。 例えば、ビュースルーの重み付けが 40%の場合、インプレッション 1 = 16 USD、インプレッション 2 = 16 USD、インプレッション 3 = 16 USD(合計 48 USD)

  • レポートパラメーターでビュースルーに生の値を使用するように指定した場合、インプレッションにはビュースルーの重み付けは適用されず、インプレッション 1 = 40 USD、インプレッション 2 = 40 USD、インプレッション 3 = 40 USD(合計 120 USD)の 3 つのインプレッションが分割されます

最後のイベントの重み付けの詳細

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウただし、最後のイベントに最も重み付けを適用し、前のイベントに対する重み付けを徐々に減らします。

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

コンバージョンパスに有料クリック数とインプレッション数の両方が含まれる場合、インプレッションの扱いはAdobe Advertising製品ごとに異なります。

  • 検索、ソーシャル、コマースで、 インプレッションの上書きの重み付け — 広告主のインプレッションの上書きの重み付け設定と、レポート、表示またはカスタムシミュレーションのパラメーターで指定される — は、まずインプレッションに適用されます。

  • DSPでは、インプレッションは無視され、クリックのみが重み付けされます。 DSPでは、アトリビューションに対してインプレッションの上書きの重み付けは考慮されません。

最後のイベントの重み付けの割合を増やします

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、120 USD のコンバージョン

属性:クリック 3 = 60 USD、クリック 2 = 40 USD、クリック 1 = 20 USD(合計 120 USD)

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、クリック 2、120 USD のコンバージョン

(検索、ソーシャル、コマースのみ)デフォルトの「インプレッションの上書きの重み付け」を 10%使用

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッションの上書きの重み付けはインプレッション数に適用されます。

属性:インプレッション 1 = 4 USD、クリック 1 = 36 USD、インプレッション 2 = 8 USD、クリック 2 = 72 USD(合計 120 USD)

(DSPのみ ) インプレッションの上書きの重み付けを使用しない、または(検索、ソーシャル、コマースのみ)「インプレッションの上書きの重み付け」が 0%に設定されている

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッション数は無視されます。

属性:インプレッション 1 = 0 USD、クリック 1 = 40 USD、インプレッション 2 = 0 USD、クリック 2 = 80 USD(合計 120 USD)

すべてのインプレッションを含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、120 USD のコンバージョン

変換はビュースルーなので、インプレッションの上書きの重み付けではなくビュースルーの評価方法が適用され、各インプレッションの値が決定されます。

  • レポートパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けが指定されている場合、その重み付けがインプレッションの値に適用されます。 例えば、ビュースルーの重み付けが 40%の場合、「すべてのクリックでの例」の各値に 40%を掛けます。インプレッション 3 = 24 USD、インプレッション 2 = 16 USD、インプレッション 1 = 8 USD(合計 48 USD)

  • レポートパラメーターでビュースルーに生の値を使用するように指定している場合、インプレッション間で 120 USD が分割されます。インプレッション 3 = 60 USD、インプレッション 2 = 40 USD、インプレッション 1 = 20 USD (合計 120 USD)

U 字形

コンバージョンを、広告主の ルックバックウィンドウをクリック および インプレッションのルックバックウィンドウでは、最初のイベントと最後のイベントに最も重み付けが適用されます。また、コンバージョンパスの途中にあるイベントに対する重み付けも徐々に少なくなります。

コンバージョンの前にインプレッション数のみがある場合、コンバージョンは ビュースルー:広告主の ビュースルーの重み付け設定 指定したとおり、レポート、ビュー、またはカスタムシミュレーションのパラメータで指定したビュースルー評価方法に従って、または。

コンバージョンパスに有料クリック数とインプレッション数の両方が含まれる場合、インプレッションの扱いはAdobe Advertising製品ごとに異なります。

  • 検索、ソーシャル、コマースで、 インプレッションの上書きの重み付け — 広告主のインプレッションの上書きの重み付け設定と、レポート、表示またはカスタムシミュレーションのパラメーターで指定される — は、まずインプレッションに適用されます。

  • DSPでは、インプレッションは無視され、クリックのみが重み付けされます。 DSPでは、アトリビューションに対してインプレッションの上書きの重み付けは考慮されません。

U 字形アトリビューションの割合

イベント計算の例

すべてのクリックの例

イベントパス:クリック 1、クリック 2、クリック 3、クリック 4、120 USD のコンバージョン

属性:クリック 1 = 36 USD、クリック 2 = 24 USD、クリック 3 = 24 USD、クリック 4 = 36 USD(合計 120 USD)

インプレッション数とクリック数の両方を含む例

注意: インプレッションは、ディスプレイ広告およびソーシャル広告からのみ適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、クリック 1、インプレッション 2、クリック 2、120 USD のコンバージョン

(検索、ソーシャル、コマースのみ)デフォルトの「インプレッションの上書きの重み付け」を 10%使用

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッションの上書きの重み付けはインプレッション数に適用されます。

属性:インプレッション 1 = 6 USD、クリック 1 = 54 USD、インプレッション 2 = 6 USD、クリック 2 = 54 USD(合計 120 USD)

(DSPのみ ) インプレッションの上書きの重み付けを使用しない、または(Search、Social、および Commerce のみ)「インプレッションの上書きの重み付け」が 0%に設定されている

イベントシリーズにはインプレッション数とクリック数の両方が含まれているので、インプレッション数は無視されます。

属性:インプレッション 1 = 0 USD、クリック 1 = 60 USD、インプレッション 2 = 0 USD、クリック 2 = 60 USD(合計 120 USD)

すべてのインプレッションを含む例

注意: ディスプレイ広告のインプレッションのみを適用できます。

イベントパス:インプレッション 1、インプレッション 2、インプレッション 3、インプレッション 4、コンバージョン 120 USD

変換はビュースルーなので、インプレッションの上書きの重み付けではなくビュースルーの評価方法が適用され、各インプレッションの値が決定されます。

  • レポートパラメーターで重み付けビュースルーの重み付けが指定されている場合、その重み付けがインプレッションの値に適用されます。 例えば、ビュースルーの重み付けが 40%の場合、クリック 1 = 14.40 USD、クリック 2 = 9.60 USD、クリック 3 = 9.60 USD、クリック 4 = 14.40 USD(合計 48 USD)

  • レポートパラメーターでビュースルーの生の値を使用するように指定している場合、フル 120 USD がインプレッション間で分割されます。クリック 1 = 36 USD、クリック 2 = 24 USD、クリック 3 = 24 USD、クリック 4 = 36 USD(合計 120 USD)

recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c