Target リリースノート(プレリリース)

この記事には、プレリリース情報が含まれています。 リリース日、機能などの情報は、予告なく変更されることがあります。

最終更新日:2020 年 10 月 28 日

最新のリリースに関する情報を確認するには、Target リリースノートを参照してください。リリースのタイミングによっては、これらのページの情報が同じになる場合があります。 括弧内の問題番号は Adobe 内部で使用されます。

重要
  • AdobeがパーソナライゼーションエンジンのGartner Magic Quadrantで再びリーダーに Adobeは、2020年のパーソナライゼーション・エンジンに関する3年目の年次Gartner Magic Quadrantで再びリーダーに選ばれました。 パーソナライゼーションエンジンのGartner Magic Quadrantは、2つのカテゴリに分かれる15の基準に基づいてベンダーを評価しました。ビジョンと実行能力の完全性 Adobeブログ

  • mbox.jsの提供終了:2021年1月18日に、Adobe Targetはmbox.jsライブラリをサポートしなくなります。 2021年1月18日以降、mbox.jsからのすべての呼び出しが正常に失敗し、デフォルトコンテンツを提供することで実行されているターゲットアクティビティを持つページに影響します。 サイトに発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様に、この日より前にat.jsライブラリの最新バージョンに移行することをお勧めします。 詳しくは、at.jsの 仕組み および Adobe Targetスキルビルダーを参照してください。開発者チャットでは、Adobe Targetのmbox.jsをat.jsに移行します

mbox.jsは現在サポートされていますが、2017年7月以降、このライブラリに対する機能の更新は提供されていません。 新しいat.jsは、mbox.jsと比較して多くの利点を提供します。 多くのメリットがある中でも、at.jsは、Web実装のページ読み込み時間を改善し、セキュリティを強化して、シングルページアプリケーション向けのより優れた実装オプションを提供します。

すべてのお客様をat.jsに移行することで、アドビのエンジニアとサポートスタッフは、お客様がAdobeから期待する新しい機能とオファーをお客様に提供できます。

  • ターゲットのお知らせ:ターゲットスキルビルダーセッション、開発者チャット、ウェビナー、ターゲットイベントの休憩セッションなど、今後のセッションについて詳しくは、ターゲットのお知らせページを参照してください。 詳しくは、「 ターゲットのお知らせ」を参照してください。

Target Standard/Premium 20.10.1(2020 年 10 月 27 日)

このリリースには、次の新機能が含まれています。

機能 詳細
オンデバイスの判定 デバイス上の判定機能を使用すると、マーケターと製品開発者は、実験と機械学習に基づくパーソナライゼーションを、ユーザーのデバイス内から、チャネル全体にわたって、ほぼゼロの遅延で提供できます。
スピードとパフォーマンスは重要です。顧客の洞察とユーザー満足度に関して。
On-device decisioningを使用すると、A/B Test and Experience Targeting(XT)アクティビティタイプで主要なパーソナライゼーションおよび実験の手順をコンパイルして、CDN経由で顧客のデバイスに読み込まれる「optimization artifacts:」 JSONオブジェクトを生成できます。 また、オンデバイスの判定機能は Adobe Experience Cloud 製品とネイティブに接続されるので、 Target ユーザーは分析が速くなり、エクスペリエンスの反復処理が速くなります。
詳しくは、『 Adobe TargetSDKガイド』の「 Introduction to on-device decisioning 」を参照してください
録画されたウェビナーはこちらで視聴できます。 Adobe Targetでのオンデバイス判定

このリリースには、次の機能強化、修正および変更が含まれています。

  • 「 平均上昇率の信頼区間 」と「 信頼性 」が「 Auto-Target 合計 」行のレポートに表示されない問題を修正しました。 測定値は、すべてのエクスペリエンスで正しく表示されました。 (TGT-37301)

  • 9月15日午後2時30分 Adobe Target Premium から、 自動ターゲット レポートに影響を与えていた問題を修正しました。(PDT)~10月6日午前9時25分(PDT)。 影響を受けたコンバージョン指標のレポートを表示する(「ページを表示した」または「mboxをクリックした」オプションを使用して設定)場合、コンバージョン率が誤ってレポートされます。 現時点では、配信に関する既知の問題はありません。 レポートを再同期して修正する方法について詳しくは、「 既知の問題と解決された問題」の「 自動ターゲットレポート 」を参照してください

  • 「 カタログ検索 」テーブルに選択可能な「 最終更新日時 」列と「 最終更新日時 」フィルタが追加されました。 この機能強化により、個々の項目を開いて最後に更新された日時を確認する必要がなく、項目が最後に更新された日時でフィルターできるので、時間と労力を節約できます。

    列とフィルターの図での最終更新

  • ターゲットUIが Webコンテンツアクセシビリティガイドライン 2.0 Level AおよびAA成功基準(WCAG 2.0 AA)に準拠するように更新されました。 (TGT-34384 および TGT-24679)

  • コンテンツセキュリティポリシー(CSP)の機能が強化されました。 (TGT-37035)

  • CNAMEを使用するお客様のパラメーターとしてクライアントコードを指定する方法が導入されました。 (TNT-38571)

  • Adobe Experience Cloud ドキュメントの移動先 Experience League。 10月には、すべてのリリースノート、記事、ビデオおよびチュートリアルが、現在の場所から docs.adobe.com に移動し Experience Leagueます。 この移行により、すべての学習、セルフヘルプ、イネーブルメント、コミュニティのコンテンツが1か所で提供されます。 この変更が発生した場合は、すべてのリンクがリダイレクトされるので、行う必要はありません Experience League。 カウントオーバーが始まったら、リリースノートを更新します。

プレリリース情報

Target およびその他の Adobe Experience Cloud ソリューションの今後の製品強化に関する事前通知を受信するには、Adobe Priority Product Update にサインアップします。

https://adobe.com/subscription/priority-product-update.html

このページ