Target のお知らせとイベント

Target Coffee Break セッション、Target ウェビナーシリーズ、Target スキルビルダーセッション、開発者チャットなど、今後の Adobe Target イベントに関するお知らせと情報。過去の録画がある場合は、そのリンクも含まれます。

Adobe Target ウェビナーシリーズ

以下のウェビナーに登録して、お客様のパーソナライゼーションおよび最適化の目標を達成するための Adobe Target の使用方法を参照してください。

アドビ:パーソナライゼーション業界インサイダー - 小売(2022年8月11日(PT))

2022年は、特定のビジネスを実行および運用する環境が、ダイナミックかつ急速に変化しています。労働者や旅行者が日常生活を取り戻しつつある中、業界の専門家が新しい消費者動向をどのように見ているかを説明します。

 ここをクリック

Michael Klein(Director、Industry Strategy Retail)と Leina Betzer(Target Consultant、Adobe Premier Support)が、消費者の購買パターンや行動が変化し、特定の市場での商品やサービスに対する需要が高まる中、小売eコマースの売上が急増していることについて説明します。

予定されているウェビナーシリーズ

近日中に、以下のウェビナーシリーズを予定しています。

  • 業界インサイダー:パーソナライズ業界インサイダー:旅行とホスピタリティ
  • 業界インサイダー:パーソナライズ業界インサイダー:メディア&エンターテインメント
  • スキルビルダー:新規、プレミアムユーザー/製品マネージャー、モバイル開発者、マーケター、アナリスト、ビジネスユーザー

日付と登録情報については Adobe Target Community をご覧ください。

過去のウェビナーやスキルビルダーセッションの録画

過去のイベントの録画にアクセス:

アドビ:精度の高いパーソナライゼーション - Adobe Analytics および Target(2022年6月2日(PT))

機械学習モデルとデータインサイトが、マーケター、開発者、製品所有者に新しい扉を開き、重要なパーソナライズされたエクスペリエンスで消費者を魅了するように、人工知能がいかに消費者の期待を再定義し続けるかについて説明します。パーソナライゼーション、ターゲット設定、テストのための Adobe Analytics + Adobe Target ワークフローについて手順ごとに説明します。

 ここをクリック

Jordan Ison(Adobe、Principal Expert Solution Consultant)が、以下について説明します。

  • マーケター、開発者、製品チームが AI の「ブラックボックス」を開き、将来のテストとパーソナライゼーション戦略を推進する方法
  • コンバージョンとエンゲージメントを高めるために、web、モバイルアプリ、メール、IoT、各デジタルタッチポイントの最適化の課題を克服
  • パーソナライゼーション、ターゲット設定、テストのための Adobe Analytics と Target のワークフローについて手順ごとのガイドツアー
  • どの属性が訪問者の行動を予測し、どの属性がキービジュアライゼーションおよびセグメンテーション分析に最も重要であるかを解き明かす上位のユースケース

シティナショナルバンク:ゼロからのヒーロー - パーソナライゼーションプログラムの開始と拡大(2022年6月9日(PT))

「リレーションシップバンク」になってブランドロイヤルティを高めるためのベストプラクティスについて説明します。パーソナライゼーションプログラムの構築と拡張を成功させるために、人材とプロセスをどのように推進するかについて説明します。

 ここをクリック

Heather Adkins(SVP Marketing Technology)が、「リレーションシップバンク」になってブランドロイヤルティを高めるためのベストプラクティスと、パーソナライゼーションプログラムの構築と拡張を成功させるために人材とプロセスをどのように推進するかについて説明します。

アドビ:効果的な最適化の機会を探る(2022年6月16日(PT))

かつてないほどデジタル化が進んだニューノーマルを迎えるにあたり、組織は、あらゆる機会を活用して優れたデジタルエクスペリエンスを提供することが重要であることを説明します。「Good enough(十分に良い)」は、もはや本当の意味で十分ではありません。競争力を維持するためには、優れたエクスペリエンスが必要です。

 ここをクリック

Kaitlin White(Adobe Product Marketing Manager)が、パーソナライゼーションプログラムの立ち上げに役立つ、以下のような実証済みの戦略について説明します。

  • 既成概念にとらわれない発想で、新規リードや顧客を獲得
  • ユーザーフリクションを解消し、より直感的なエクスペリエンスを実現
  • 顧客の親近感を利用したパーソナライゼーション
  • その他、組織で効果的な機会を探るのに役立つ多くのアイデア

Dick's Sporting Goods:パーソナライゼーションと小売業界の変化(2022年5月19日(PT))

パーソナライゼーションプログラムの規模を拡大するためのベストプラクティスについて説明します。Dick's Sporting Goods が Adobe Target を使用してトップアスリートやブランドとのエンゲージメントを図る方法を確認します。

 ここをクリック

Shawn Wilkinson(eCommerce Personalization Manager)が、Dick's Sporting Goods の平均的な訪問者をリピーターに変えるために Target がどのように役立っているかについて説明します。

Dick’s Sporting Goods がどのようにして 2 桁成長を実現しているのかを解き明かします。

  • 小売向けの高性能なパーソナライゼーションプログラムの計画および開始方法
  • 組織全体の賛同を得ることが、障害を克服するために重要な理由
  • Web とモバイルをまたいだパーソナライゼーションと実験アクティビティの拡大によるビジネス全体への影響
  • 平均的な訪問者をリピーターにするための分析データを使用した小売のヒントとテクニック

アドビ:パーソナライゼーション業界インサイダー - 金融サービスと保険(2022年5月24日(PT))

金融サービス企業がどのようにパーソナライゼーションを使用して、インフレパターンや投資戦略に備え、顧客をサポートし、情報を提供しているかについて説明します。

録画リンク

 ここをクリック

Christopher Young(Director、Industry Strategy Financial Services)と James Capasso(Target Consultant、Adobe Premier Support)が、パーソナライゼーションを顧客エンゲージメントの中心に据えながら、ブランドが需要の急変に対応する方法を説明します。最近のインフレパターンや投資に関する状況に不安を感じている世界中の顧客に対して、金融サービス企業がどのように支援し、情報を提供しているかを説明します。

シティナショナルバンク:デジタル最適化でトップ 1%を達成する方法(2022年5月26日(PT))

部門横断的なパーソナライゼーション戦略を実現するためのツールキットとユースケースを紹介します。Adobe Target によって、CNB が業界の下位 26%から上位 1%になった方法をご覧ください。

録画リンク

 ここをクリック

Heather Adkins(SVP Marketing Technology Manager)が、シティナショナルバンクがどのようにして最も洗練された「デジタル対応リレーションシップバンク」のひとつになったのかについて説明します。

シティナショナルバンクが Target を活用して行っていること:

  • テストと実験、パーソナライゼーション、AI による自動化アクティビティの規模を拡大
  • クロスチャネルで勝者エクスペリエンスを推進し、信頼できる関係を構築
  • パーソナライズされたオファーのエンゲージメントと採用の増加により、ビジネスの成長を加速
  • タイムトゥバリューと ROI のためにマルチチャネルキャンペーンを最適化。

Adobe Target によるリアルタイムパーソナライゼーション

登録してウェビナー録画を表示 {target=_blank}

 ここをクリック

このセッションでは、Adobe Target が複数のソースをまたいでデータを組み合わせ、リアルタイムパーソナライゼーションに関する以下の点に関するギャップを埋める方法に浮いて説明します。

  • ビジネスの成長を促進するためにパーソナライズ機能のパフォーマンスと速度が重要な理由
  • チームがファーストパーティのデータ戦略を構築し、データの断片化の課題を解決する方法
  • パーソナライズされたエクスペリエンスをミリ秒単位で配信するためのエンドツーエンドのワークフロー
  • 関連するメッセージ、コンテンツ、オファーを使用して、リアルタイムで顧客や見込み客を惹きつけるブランド独自のユースケース

ウェビナー:Adobe Target のオンデバイス決定を使用して、待ち時間ゼロでパーソナライズとテストを行う

録画リンク

 ここをクリック

マーケター、製品所有者および開発者は、サイト、アプリおよび顧客とつながるその他のあらゆる場所で、全体的な顧客体験を最適化することを、これまで以上に求められています。データが分断された複数のサイロと、複雑な実装では、これを実現することはできません。

この録画ウェビナーでは、Adobe Target の製品エキスパートが、遅延なしでローカルで実行する重要なエクスペリエンス最適化に関するオンライン判定の動きが、新しいユースケースにどのように影響し、お客様のサイトパフォーマンスを向上させるかを説明します。

ウェビナー:HSBC が Adobe Targetと AI をどのように活用して大規模なパーソナライゼーションを迅速に最適化し提供を実現したか

 ここをクリック

McKinsey Digital は、「今後 5 年間で想定されていた消費者と企業でのデジタルの採用が、8 週間で実現した」と報じました。*

消費者の需要は急速に高まっています。HSBC は Adobe Target を使用した最適化を採用し、新規顧客新しいカスタマージャーニーを迅速にテストおよびパーソナライズし、開発やローンチにかかる期間を 6 か月から 1 週間に短縮しました。

Adobe と HSBC によるこのウェビナーに参加して以下のことを学習します。

  • HSBC の最適化とパーソナライゼーションの取り組みが、どのようにして組織の急速な変化を促したか
  • AI と Analytics がどのようにしてその取り組みを加速し、ビジネスに明確で大きな影響を与えたか
  • HSBC がどのようにして 3,000 以上のアクティビティを提供し、大規模な成功プログラムを構築したか

*McKinseyの記事:「The COVID-19 recovery will be digital(COVID-19 からの復興の鍵はデジタルとなる)」、2020年5月

Adobe Target スキルビルダー:開発者チャット、Adobe Target の mbox.js を at.js に移行€

2021年3月31日(PT)に mbox.js の廃止が予定されているため、Adobe Target プロダクトマネージャーの David Son は最近、開発者チャットを主催し、mbox.js から at.js に移行するメリットについて話し合いました。

このページ