ドキュメントの変更点

This page lists important changes made to the Adobe Target product documentation.

Adobe Target Standard/Premium 20.10.1(2020 年 10 月 28 日)

日付 トピック 変更点
1 年 12 月 ターゲットのお知らせとイベント ウェビナーの録画を埋め込み、「遅延なしでパーソナライズおよびテストを行い、Adobe Targetのデバイス上での意思決定を行う」を行いました。
24 年 11 月 既知の問題と解決された問題 次の既知の問題を追加しました。次の解決された問題を追加しました。
指標の定義 - A4T FAQ 次のFAQを追加しました。「目標指標を設定する際に、詳細設定オプションにアクセスできないのはなぜですか?」
成功指標 A4Tを使用するアクティビティに関する注意のテキストを調整しました。
17 年 11 月 アクティビティの設定 - A4T FAQ 次のFAQを追加しました。「訪問者は、A4Tを使用する自動ターゲットアクティビティで、様々な訪問でターゲット設定されたエクスペリエンスと制御されたエクスペリエンスを切り替えることができますか?」
自動ターゲットのトラブルシューティングとFAQ 次のFAQを追加しました。「モデルが構築されるまで、90(Control)/10(Targeted)の分割で自動ターゲットを使用することをお勧めしますか?」
レポートの表示 - A4T FAQ 次のFAQを追加しました。"Analyticsでは訪問はどのようにカウントされ、A4Tを使用する自動ターゲットアクティビティではコンバージョンクレジットが割り当てられますか?"
13 年 11 月 at.js のバージョンの詳細 at.js 2.3.3 に関する情報を追加しました。
10 年 11 月 ターゲットのお知らせとイベント 11月11日に予定されているAdobe TargetコミュニティQ&Aコーヒーブレークに関する情報を追加しました。
3 年 11 月 Analytics と Target の統合(A4T)のトラブルシューティング 次のトラブルシューティングトピックを更新しました。「必要なレポートスイートが表示されません。」
10月28日 サーバー側:Target の実装 初回訪問者は、クライアント側でのみ初期化でき、サーバー側では初期化できないことに注意を追加しました。
10月27日 サーバー側:Target の実装 新しい Adobe TargetSDKs ポータルへのリンクを追加しました。
Analyticsをレポートソースとして使用するアクティビティの作成 Analyticsを自動ターゲットアクティビティでレポートソース(A4T)として使用する analyticsLogging = client_side sessionIdAnalytics 場合、Analyticsをに値を渡す必要があるという情報を追加しました。
Analytics for Target の実装 を使用する 自動配分 と 自動ターゲットanalyticsLogging = client_sideアクティビティでは、sessionIdも転送する必要があるという情報を追加しました。
リリースノート:20.10.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.9.1(2020 年 10 月 1 日)

日付 トピック 変更点
10月26日 Target のセキュリティの概要 Adobe Targetセキュリティの概要 』ホワイトペーパーを更新しました。
10月22日 CNAME と Adobe Target at.jsバージョン1.8.2および2.3.1でのCNAMEサポートの修正に関する情報を追加しました。
targetGlobalSettings at.jsバージョン1.8.2および2.3.1でのCNAMEサポートの修正に関する情報を追加しました。
10月15日 Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.10.1リリース(2020年10月27日)のプレリリースノートを更新しました。
10月14日 自動配分 2つのエクスペリエンスのみを持つ自動配分アクティビティのトラフィック配分に関するメモを追加しました。
10月13日 ターゲットのお知らせとイベント 2020年11月10日に予定されている次のライブウェビナーに関する情報を追加しました。
  • Adobe Targetのデバイス上での意思決定により、遅延が発生しないパーソナライズとテストを実現
Target リリースノート(プレリリース) 2020年11月10日に予定されている次のライブウェビナーに関する情報を追加しました。
  • Adobe Targetのデバイス上での意思決定により、遅延が発生しないパーソナライズとテストを実現
10月12日 コンテンツ配信のトラブルシューティング 認証トークンの生成に必要な権限レベルを示すために 、デバッグツールで使用するための認証トークンの 取得が更新されました。
プロファイル API 設定 認証トークンを生成する必要がある権限レベルを示すトピックを更新しました。
自動ターゲット 自動ターゲットを使用した実際の成功事例を追加しました。
類似のページに同じエクスペリエンスを組み込む ドメイン全体で同じアクティビティをレンダリングする方法を説明する節を追加しました。
既知の問題と解決された問題 次の既知の問題を追加しました。
  • 自動配分と自動ターゲットアクティビティ用のターゲット用のAnalytics(A4T)指標
10月8日 既知の問題と解決された問題 次の解決された問題を追加しました。次の問題を「既知の問題」セクションから「解決された問題」セクションに移動しました。
ハイブリッド実装 新規トピックです。
10月7日 Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.10.1リリースに関する情報を追加しました。
10月1日 成功のために必要なトラフィックの見積もり FAQ節を追加しました。
9月30日 ターゲットのお知らせとイベント 以下のライブウェビナーに関する情報を追加しました。
  • Adobe Targetと分析により、パーソナライゼーションを微調整
リリースノート:20.9.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target標準/プレミアム20.8.1(2020年9月2日)

日付 トピック 変更点
9月29日 Analytics と Target の統合(A4T)のトラブルシューティング at.js 1.xおよびat.js 2.xで追加のIDを検査する方法に関する情報を追加しました。
9月24日 アクティビティ QA ブックマークレット at.js 2のアクティビティQAブックマークレットのコードを更新しました。x.
カタログ検索 数値を持つカスタム属性の検索に関する注意を追加しました。
Recommendations FAQ 次のFAQを追加しました。"数値を持つカスタム属性で検索すると、カタログ検索で正しい結果が表示されないのはなぜですか?"
Target の仕組み 「The edge network」に一覧表示されているターゲットクラスターとターゲットCentral Clusterの場所を更新しました。
9月23日 Analytics トラッキングサーバーの使用 およ Adobe Experience Platform Debugger びブラウザー開発者ツールの情報を使用してトピック全体を更新しました。
プロファイルと変数の用語集 「user.header('x-forwarded-for')」行を更新し、「user.header('x-cluster-client-ip')」が非推奨になったことを示しました。
Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.9.1(2020年9月31日)リリースに関する情報を追加しました。
9月15日 Target リリースノート(現行) Analytics forターゲット(A4T)での自動ターゲットアクティビティのサポートを含む、Target Standard/Premium 20.8.3リリースに関する情報を追加しました。 自動配分アクティビティのサポートは、前のリリースで追加されました。
自動配分と自動ターゲットアクティビティのAnalytics forターゲット(A4T)のサポート 自動ターゲットアクティビティでのA4Tのサポートに関する情報を追加しました。
アクティビティ QA ブックマークレット 空の値を含むページをサイトに読み込んで手動でQAモードを強制終了する方法がat.js 1に適用されることを示すように、テキストを更新しました。 at_preview_tokenx のみで使用できます。
カタログ検索 トピック全体を更新しました。
9月10日 Target リリースノート(現行) Target Standard/Premium 20.9.2リリースに関する次の新機能に関する情報を追加しました。条件のシーケンス内のレコメンデーションスロットを制御します。
条件のシーケンスの作成 「返されるアイテム数の制限」機能に関する情報を追加しました。
9月9日 アクティビティ QA ブックマークレット at.js 2で使用するJavaScriptコードを追加しました。x.
9月3日 Visual Experience Composer ヘルパー拡張機能 「VEC Helper Browser Extensionの取得とインストール」の節を更新し、cookieの名前とドメインに関する情報を追加しました。
Visual Experience Composer と拡張 Experience Composer に関連する問題のトラブルシューティング 「最近発表されたGoogle Chrome SameSite cookieの適用ポリシーがVECおよびEECに与える影響を教えてください。」 」の節に値を追加し、cookieの名前とドメインに関する情報を追加しました。
9月2日 リリースノート:20.8.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.7.1(2020 年 7 月 27 日)

日付 トピック 変更点
8月31日 RecommendationsでAdobe Analyticsを使用 FAQ節を追加しました。
8月28日 既知の問題と解決された問題 次の更新が行われました。
  • 「既知の問題」の節に追加しました。「レポート — コンバージョンは、現在、どのオーディエンスが使用されているかによって異なります。」
  • 「解決された問題」の節に追加しました。"Google Chromeバージョン80以降を使用している場合に、Visual Experience Composer(VEC)または拡張Experience Composer(EEC)でページが読み込まれない。"
Target リリースノート(現行) mbox.jsの廃止日を2020年8月30日から2021年1月18日に変更しました。
8月26日 Adobe AnalyticsをターゲットRecommendationsと併用 新規トピックです。
8月24日 成功指標 「詳細設定」節を更新しました。
8月21日 Adobe Targetウェルカムキットの概要 新しい記事とサブトピックです。
8月20日 Visual Experience Composer と拡張 Experience Composer に関連する問題のトラブルシューティング 次の節を追加しました。「最近発表したGoogle Chrome SameSiteのcookie適用ポリシーがVECおよびEECに与える影響を教えてください。」
クリックの追跡 次のテキストを更新しました。「複数のエレメントを選択した場合、参加者が選択したエレメントの1つをクリックすると、クリックがカウントされます。 各項目を個別にカウントする場合、要素ごとに個別の成功指標を設定します。ページ上の複数の要素をクリックして1つの項目をカウントするには、CSS要素セレクターを編集して複数の要素に一致させます。」
Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.9.1(2020年9月2日)リリースに関する情報を追加しました。
8月14日 既知の問題と解決された問題 RecommendationsアクティビティでのQAに関する既知の問題を追加しました。
targetGlobalSettings() 返されるコンテンツでタグを使用し serverState<script> タグを使用している場合、HTMLコンテンツではなくが使用されていることを確認するテキストを追加し <\/script> </script>ました。
8月12日 ターゲットのUIについて 新規トピックです。
Adobe TargetAPIの概要 新規トピックです。
8月10日 CNAME と Adobe Target CNAMEを使用する場合にcookieヘッダーのサイズが増えることを示すテキストを追加しました。
ターゲットとAdobe Audience Managerの統合 新規トピックです。
ターゲットのお知らせとイベント 以下のアーカイブされたウェビナーの表示へのリンクを追加しました。「HSBCは、Adobe TargetとAIを活用して、パーソナライゼーションを迅速にスケールで最適化および提供する方法」
8月6日 自動ターゲット 次のFAQのテキストを更新しました。「モデルが作成されるまで、どのくらい待つ必要がありますか?」
分類 - A4T FAQ targettypeのテキストを更新しました。
8月5日 Target の Cookie の削除 トピック全体を更新しました。
8月4日 ターゲットのお知らせとイベント 8月13日に予定されている「人工知能とAdobe Targetを使用したパーソナライゼーション戦略」ウェビナーに関する登録情報を追加しました。
ブラウザーで混合コンテンツを有効にする トピックを更新しました。
8月3日 成功指標 訪問者数と訪問数に関する「 カウントを 増分」オプションの意味を明確にする注記を追加しました。
31 年 7 月 既知の問題と解決された問題 新しい既知の問題を追加しました。"画像オファーに"処理中"のラベルが表示されています。"
adobe.target.getOffers(options) - at.js 2.x pageLoadの実行に使用するコードサンプル getoffers() を追加しました。
ターゲットのお知らせとイベント 8月5日に予定されているAdobe Targetコミュニティのコーヒーブレークに関する登録情報を追加しました。
28 年 7 月 パーソナライゼーションインサイトレポート,
自動セグメントレポート,
および 重要な属性レポート
トピックの先頭にある注記のテキストを更新しました。
自動配分 次の FAQ を追加しました。
  • 自動配分アクティビティの実行中に「レポートデータをリセット」オプションを使用できますか。
  • 自動配分は、環境に関するモデルをどのように構築しますか?
自動ターゲット 以下の FAQ を追加しました。
  • 自動ターゲットアクティビティの実行中に「レポートデータをリセット」オプションを使用できますか。
「考慮事項」の節のテキストを更新しました。
Automated PersonalizationFAQ 次の FAQ を追加しました。
  • Automated Personalizationアクティビティの実行中に「レポートデータをリセット」オプションを使用できますか。
  • Automated Personalizationは環境に関するモデルをどのようにして作り上げているか。
サポートされているブラウザー Internet Explorerおよび不明な要素に関する情報を追加しました。
顧客属性 Updated following paragraph:
Adobe does not guarantee that 100% of customer attribute (visitor profile) data from CRM databases will be onboarded to the Experience Cloud and, thus, be available for use for targeting in Target. 現在の設計では、小さな割合のデータ(大規模な生産バッチの0.1 %まで)はオンボードされない可能性があります。
27 年 7 月 Target の管理 このページのすべてのリンクされたトピックのテキストを更新し、 管理 ページの新しいUIの変更を反映しました。
ターゲットのお知らせとイベント 以下の変更を加えました。
  • 次のウェビナーの登録情報を追加しました。「HSBCは、Adobe TargetとAIを活用して、パーソナライゼーションを迅速にスケールで最適化および提供する方法」
  • パーソナライゼーションエンジンに関するGartner Magic Quadrantで、Adobeがリーダーに再び選出されたことに関する情報を追加しました。
フォームベースの Experience Composer 手順4の情報を明確にしました。場所を選択します。
24 年 7 月
at.js のバージョンの詳細
at.js 2.3.2 に関する情報を追加しました。
リリースノート:20.7.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.5.1(2020 年 6 月 17 日)

日付 トピック 変更点
17 年 7 月 ターゲットのお知らせとイベント 7月22日のAdobe Target・コーヒーブレークに関する情報を追加。
15 年 7 月 自動配分は、手動テストよりも速いテスト結果と高い売上高を提供します 新規トピックです。
14 年 7 月 自動配分,
自動ターゲット,

および自動パーソナライゼーションFAQ
アクティビティの途中で目標指標を変更しないよう推奨するFAQを追加しました。
7 年 7 月 ターゲットのお知らせとイベント 7月8日のAdobe Target・コーヒーブレークに関する情報を追加。
6月25日 Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.6.1リリース(2020年7月)に関する情報を追加しました。
ターゲットドキュメントの概要 ドキュメントの様々なソースについて詳しく説明する新しいト Target ピックです。
6月23日 ターゲットのお知らせとイベント 6月24日のAdobe Target・コーヒー・ブレークに関する情報を追加。
プロファイル属性 あるプロファイルスクリプトの結果を別のプロファイルスクリプトで使用する依存プロファイルスクリプトを作成することはお勧めしません。
at.js の仕組み 次のビデオを追加しました。勤務時間:at.jsのヒントと概要
6月17日 CNAME と Adobe Target トピックを更新しました。
レスポンストークン 自動ターゲットおよび Automated Personalization アクティビティのトラフィック配分方法の応答トークンに関する情報を追加しました。
アクティビティの作成 自動配分アクティビティのターゲット用のAnalytics(A4T)のサポートに関する情報を追加しました。
ユーザー 「ロールと権限の 指定 」に、新しい 投稿者​ロールに関する情報を追加しました。
Enterprise 権限の設定 手順6で、新しい 投稿者 役割に関する情報を追加しました。役割と権限を指定します
Enterprise ユーザーの権限 次の Office時間へのリンクを追加しました。ターゲットプレミアムワークスペースセッション
リリースノート:20.5.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.4.1(2020 年 5 月 6 日)

日付 トピック 変更点
6月15日 Target リリースノート(現行) at.js 1.8.2およびat.js 2.3.1リリースに関する情報を追加しました。
at.js のバージョンの詳細 at.js 1.8.2およびat.js 2.3.1リリースに関する情報を追加しました。
Target リリースノート(プレリリース) 20.5.1リリース(2020年6月17日)のノートを更新し、 Target Standard/Premium でのA4Tのサポートに関する情報を含め Analysis Workspaceました。
6月12日 targetGlobalSettings() deviceIdLifetime 設定に関する情報を追加しました。
Target リリースノート(プレリリース) at.js 1.8.2およびat.js 2.3.1リリースに関する情報を追加しました。
6月8日 モバイルアプリのターゲットに関するFAQ 次のFAQのテキストを更新しました。「ターゲットモバイルは、Adobe Targetプレミアム製品SKUの機能のみですか?」
レポートの表示 - A4T FAQ トピック全体を更新しました。
6月5日 ターゲットのお知らせとイベント 6月10日のAdobe Target・コーヒー・ブレークに関する情報を追加。
上昇率と信頼性 - A4T FAQ 次のFAQのテキストを更新しました。「計算指標で上昇率と信頼性が表示されないのはなぜですか?」
6月4日 A4T レポート 「Analyticsのレポート」節を更新しました。
6月1日 ターゲットのお知らせ 今後のターゲットイベントを発表する新しいページを追加しました。
レスポンシブエクスペリエンスのためのモバイルビューポート Apple iPhone 11、Apple iPhone SE、Google Pixel 2 XLの各モデルのビューポートのサイズと解像度を更新しました。
28 年 5 月 レポートの FAQ 以下の新しい FAQ を追加しました。
  • 新規訪問者指標と再訪問者指標はどのようにカウントされますか。
27 年 5 月 Target リリースノート(プレリリース) 自動配分アクティビティのターゲット用のAnalytics(A4T)のサポートに関する情報を追加しました。
26 年 5 月 プロファイル属性 次の情報を追加しました。「スクリプトを無効にした後も、パラメーターはプロファイルに残ります。 プロファイルに既にアクティビティのオーディエンスーで使用されているパラメーターが含まれている場合、そのアクティビティの資格が得られます。」
21 年 5 月 許可リストターゲットエッジノード リスト mboxedge30.tt.omtrdc.net に追加されました。
20 年 5 月 Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premium 20.6.1(2020年6月10日)リリースに関する情報を追加しました。
ホスト 「セキュリティのベストプラクティス」の節に注意を追加しました。
14 年 5 月 Target リリースノート(現行) プロファイルバッチステータスAPI v2の変更に関する情報を追加しました。
13 年 5 月 CNAME と Adobe Target 「既知の制限事項」節を追加しました。
11 年 5 月 ホスト リダイレクトおよび許可リストでのubox機能の使用に関する情報を追加しました。
リダイレクターの使用 オープンリダイレクトの脆弱性を回避するためのホストの使用に関する情報を追加しました。
Recommendations と電子メールの統合 オープンリダイレクトの脆弱性を回避するためのホストの使用に関する情報を追加しました。
電子メール:Target の実装 オープンリダイレクトの脆弱性を回避するためのホストの使用に関する情報を追加しました。
アクティビティ QA 「考慮事項」節を更新しました。
targetGlobalSettings() 「設定」の下の「overrideMboxEdgeServer」行を更新しました。
6 年 5 月 Apple Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.x ITP 2.3に関する情報を追加しました。
リリースノート:20.4.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.2.1(2020 年 2 月 20 日)

日付 トピック 変更点
4 年 5 月 レポートの FAQ 新しいFAQを追加しました。「A/BまたはMVTアクティビティで、エクスペリエンス間のトラフィック分割が不均等なのはなぜですか。」
29 年 4 月 既知の問題と解決された問題 極端な注文を含むレポートに関する既知の問題を追加しました。
28 年 4 月 プロファイルと変数の用語集 新しいAWSエッジ user.header('x-forwarded-for') を使用してユーザーのIPアドレスを取得する方法に関する情報を削除しました。 このコマンドは、新しいAWSエッジで動作するようになりました。
Target リリースノート(プレリリース) Target Standard/Premiumリリース(20.4.1)の日付を5月6日に変更しました。
23 年 4 月 CNAME と Adobe Target トピックを更新しました。
22 年 4 月 Target リリースノート(プレリリース) 次の節を追加しました。 プロファイルバッチステータスAPI v2の変更(2020年5月4日)
14 年 4 月 許可リストターゲットエッジホスト 新規トピックです。
10 年 4 月 シングルページアプリケーションの実装 次の節を追加しました。「導入のベストプラクティス」
7 年 4 月 上昇率と信頼性 - A4T FAQ 「計算指標の上昇率と信頼性を表示できないのはなぜですか?」のテキストを更新しました。
2 年 4 月 プロファイルと変数の用語集 新しいAWSエッジ user.header('x-forwarded-for') を使用してユーザーのIPアドレスを取得する方法に関する情報を追加しました。
at.js 1.x から at.js 2.x へのアップグレード 以下の注意を追加しました。
  • ECID ライブラリ v4.3.0 以降および at.js 2.x をインストールしたら、一意のドメインにまたがるアクティビティを作成してユーザーを追跡できます。この機能は、セッションの有効期限が切れた後にのみ機能することに注意してください。
3月30日 既知の問題と解決された問題 at.js 2.2.0より前のat.jsバージョンに影響する既知の問題を追加しました。この問題により、Adobe Analyticsコードがページエレメントに存在しない場合に、クリック追跡がAnalyticsでターゲット(A4T)のコンバージョンをレポートしませんでした。
at.js のバージョンの詳細 at.jsバージョン2.2.0の詳細に次の情報を追加しました。
  • Adobe Analyticsコードがページエレメントに存在しない場合に、クリック追跡で、ターゲット用のAnalytics(A4T)のコンバージョンがレポートされない問題を修正しました。
3月25日 at.js のバージョンの詳細 次のat.jsの新しいバージョンに関する情報を追加しました。
  • at.jsバージョン2.3.0
  • at.jsバージョン1.8.1
targetGlobalSettings() 「設定」セクションに次の新しい行を追加しました。
  • cspScriptNonce
  • cspStyleNonce
以下の新しいセクションを追加しました。
  • コンテンツセキュリティポリシー
3月25日 Apple Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.x 次の影響に関する情報を追加しました。
  • サードパーティIDに基づくプロファイルスクリプト
  • iOSデバイスでのQA/プレビューURL
3月20日 リリースノート(現行) Target Standard/Premium 20.2.1リリースが2020年3月23日になることを示しました。
3月13日 制限 「アカウントごとに再利用可能なオーディエンス」の数を更新しました。
3月12日 リリースノート(最新) オンラインのデジタルサミット会議に、無料でアクセスできる登録情報を追加しました。
3月9日 プライバシー 詳しくは、「IPアドレスの最終オクテットの置き換え」の節に説明を追加しました。
複数値の属性の操作 JavaScriptの複数値パラメーターの 渡しのコードサンプルを更新しました
カスタムエンティティの属性 複数値の属性の 実装の下のAPIの 使用 にコードサンプルを追加しました
3月4日 プロファイル属性 トピック全体を更新し、「ベストプラクティス」の節を大幅に改訂しました。
2月21日 リリースノート(現行) 新しいAdobe Experience Cloudナビゲーションに関する情報を追加しました。
2月20日 targetGlobalSettings() Updated the description for the enabled setting. 次の設定に関する情報を追加しました。 pageLoadEnabledviewsEnabled
地域 at.js 1でサポートさ mboxOverride.browserIp れていることに関する注意を追加しました。x のみで使用できます。
at.js のバージョンの詳細 ターゲットチームがサポートするat.jsのバージョンを説明するテキストを明確にしました。
リリースノート:20.2.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

Adobe Target Standard/Premium 20.1.1(2020 年 2 月 4 日)

日付 トピック 変更点
2月4日 リリースノート:20.1.1 このリリースには、機能強化および修正が含まれています。それらについての説明を読み、リリースノートからドキュメントへのリンクをたどることができます。このリリースでは、ヘルプ全体で多くのドキュメントの更新もおこなっています。

このページ