PREMIUM Recommendations Classic と Target Premium の Recommendations アクティビティ

Recommendations Classic と Target Premium の Recommendations アクティビティのどちらを使用するかを選択する際に役立つ情報です。

メモ

Recommendations アクティビティは、 Target Premium ソリューションの一部です。Target Premium ライセンスのない Target Standard では利用できません。

従来の Recommendations 製品では、ページでデータコレクション mbox を作成し、ページの特定の位置に表示 mbox を追加することによってレコメンデーションを表示しました。Recommendations の Target Premium アクティビティでは、訪問者情報を収集して、製品やコンテンツをレコメンデーションしたい場所に mbox を作成せずに、ページの任意の場所でレコメンデーションを作成できます。ページのヘッダーで簡単な JavaScript を参照することで、ページの任意の場所で Recommendations を有効にできます。この JavaScript 参照を使用して、Target キーや entity.id キーなどのキーをグローバル entity.categoryId mbox に渡すことができます。

Recommendations Classic は、Experience Cloud UI で自身のカードとして表示されます。Recommendations アクティビティは、Target Premium ワークフロー内で有効です。

Recommendations Classic の使用時は、Recommendations mbox を Target Recommendations で引き続き使用することができます。また、mbox をそのまま保持し、ヘッダーで JavaScript コードを使用して、ページ上の他の要素に対する Target 機能をアクティブにすることにより、Classic と Recommendations の両方のアプローチを組み合わせることもできます。ただし、 Recommendations Classic のユーザーが Target の機能をフルに活用するためには、古い mbox を削除して、Target Recommendations のみを利用することをお勧めします。

Target の Recommendations アクティビティは、主に次の点で Recommendations Classic より強化されています。

オファーとしての Recommendations

A/B テスト( 自動配分と自動ターゲットを含む)およびエクスペリエンスのターゲット設定(XT)アクティビティに Recommendations を含めることができるようになりました。

この機能により、次のようなことがおこなえるようになります。

  • 同じアクティビティ内の Recommendations と非 Recommendations のコンテンツをテストおよびターゲット設定します。
  • 複数の Recommendations の順序など、Recommendations のページ配置を簡単に試行します。
  • 自動配分を使用して、パフォーマンスが最も高い Recommendations エクスペリエンスにトラフィックを自動的にプッシュします。
  • 自動ターゲットを使用して、訪問者をプロファイルに基づいて詳細にカスタマイズされた Recommendations エクスペリエンスに動的に割り当てます。

開始するには、 A/B テストまたは エクスペリエンスのターゲット設定アクティビティを Visual Experience Composer を使用して作成し、前に挿入、後ろに挿入、または 次で置換アクションを使用して Recommendations をエクスペリエンスに追加します。

詳細については、「オファーとしての Recommendations」をご覧ください。

条件

Target Recommendations には、事前にパッケージ化された一連のルールや設定を含む条件ライブラリが含まれています。Recommendations Classic では、フォームへの入力や大量のルール一覧からの選択によって、各レコメンデーションを手動で構築していました。今は、事前に設定された条件セットから選択するだけで、Recommendations アクティビティを作成できるようになっています。現在もカスタムのレコメンデーションを作成することもできますが、条件ライブラリには、プロセスをシンプルにするために事前に構築され、理解できる言語が使用されているたくさんの一般的な設定が含まれています。こういった事前にパッケージ化された条件は、そのまま使用することも、特別なニーズに合わせてコピーして編集することもできます。

条件は事前に設定されており、業種、ページタイプ、実装によって分類されています。例えば、小売業界に適用され、製品ページに使用して、特定のカテゴリ(entity.categoryID パラメーターで定義されているもの)の製品を表示するための条件を探すことができます。

作成した条件の使用について詳しくは、条件を参照してください。

ワークフロー

Recommendations のワークフローはシンプルになりました。複雑なフォームに入力する代わりに、次のような視覚的なワークフローを実行します。

  1. 条件を選択します。
  2. 事前に設定されているデザイン.
  3. レコメンデーションの結果をプレビューします。

プレビュー表示

レコメンデーションを設定した後、ページ上にレコメンデーションを作成してテストをおこなう必要はありません。そのままプレビューして必要な変更をおこなうことができます。プレビューは、Target の内部でおこなうことができます。

ターゲット設定

Recommendations Classic には、6 つのターゲット設定オプションがありました。Recommendations アクティビティでは、Target の完全なターゲット設定オプションを利用できます。Target または他の Adobe Experience Cloud オーディエンス(Audience Manager や Analytics など)を使用してオーディエンスを定義し、各デザインを表示するアクティビティ参加者の割合と、コントロールを表示する割合を選択します。

レポート

Target の Recommendations では、Target や Experience Cloud の機能を活用する強化されたレポートを利用できます。Recommendations を使用しない場合と比較した上昇分を単に表示するのではなく、Recommendations アクティビティの完全な情報を表示できます。

このページ