第 6 章:簡単に回避できる落とし穴

最適化とパーソナライゼーションのプログラムを今始めることの利点は、しばらくの期間それらを実行してきたユーザーによって、犯しやすい間違いがすでに見つかっているということです。これらの落とし穴を知ることで、簡単に回避したり、修正したりできます。

メモ

詳しくは、一般的な A/ Bテストの 10 個の落とし穴と、それらの落とし穴を回避する方法を参照してください。テストやパーソナライゼーションの一般的な問題を回避または修正するために、記事に記載されているアイデアに加えて、この短いリストを手元に置いておいてください。

落とし穴 解決策
統計的に有意な結果に達するのに十分なトラフィックがない。 事前に Adobe Target のサンプルサイズ計算ツールを使用して、テストの実行期間を確認し、テストを最後まで実行します。
変更が小さすぎる、または目立たない。 画面から数フィート離れた位置に立ったときに見えるように、十分な量の変更を加えます。
アクティビティとビジネス目標の連携に失敗する。 優先順位付け手法に重点を置き、その方法を社内の関係者に伝えます。
テストのバックログがほとんどない、またはまったくない。 社内の関係者と協力し、ビジネスの主要目標に合致したテストを提出できるようにします。
アクティビティの開始が期限を過ぎてしまう。 アクティビティに関するドキュメントを改善し、テストの設定に関する具体的な詳細を含めます。
意思決定に役立たないアクティビティ成功指標データを選択する。 すべての主要なテスト指標を文書化し、追加の指標を含めて、さらなるインサイトを得ます。
結果に影響する可能性がある変更を、テスト中におこなう。 予定されているプロモーションやサイトの変更について、カレンダーを管理します。競合を避けるため、Targetアクティビティの開始を明確に伝えます。
アクティビティの開始に近いテストエクスペリエンスまたは条件を変更する。 テストアクティビティプロセスの初期段階で、主な関係者に承認を依頼します。
結果が統計的に有意な結果になる前にアクティビティを終了する。 Adobeサンプルサイズ計算ツールを使用して、テスト期間を確認します。
Targetアクティビティから得られる結果がマイナスまたはフラットになる。 アクティビティがテストに値することを確認します。
勝者エクスペリエンスをハードコーディングしない。 アクティビティデータを使用して値を示し、ハードコーディングに対する賛同を得ます。
結果をテストチーム以外と共有していない。 昼食や学習を含むコミュニケーションを拡大、プログラムダッシュボードを開発し、関係者とのミーティングをスケジュールします。

このページ