第 1 章:はじめに

現在ほとんどの企業は、デジタルマーケティングのチャネルを最新化しています。次に、自社ブランドを差別化する方法を探しています。グループから抜け出し、売上高やコンバージョン率数などの主要ビジネス指標を増やす方法を模索しています。その方法の 1 つは、顧客に関する知識を活用して、顧客のデジタルエクスペリエンスを最適化およびパーソナライズし、Web サイト、モバイルサイト、モバイルアプリまたはその他のブランドのタッチポイントでの顧客の操作から最大限の結果を引き出すことです。さらに、この最適化とパーソナライゼーションを、従来のデジタルタッチポイントだけでなく、キオスク、モノのインターネット(IoT)デバイス、コールセンターでのやり取り、Alexa などの音声アシスタントへと拡張することもできます。Target を使ってデジタルエクスペリエンスのテストとパーソナライズをおこなった企業は、驚異的な結果を実現しました。

次に例を示します。

  • ある大手銀行がローン申請フォームのテストと合理化をおこないました。申し込み開始が 3 倍に増え、申し込み完了率が 50%以上増えました。
  • ある B2B テクノロジーの大企業が、ガイドやホワイトペーパーなどのアセットを使用して製品ページをパーソナライズしました。アセットのクリック数が 25%以上増加しました。
  • ある大手ホテル会社がモバイルアプリのコンテンツをパーソナライズしました。コンバージョン率はモバイルサイトの倍となり、アプリによって 15 億ドル分の予約が増えました。

この方法で顧客との関わりを深めるには、ほぼすべてのデータソースを使用して、あらゆるタッチポイントで使用できるソリューションが必要です。Adobe Experience Cloud の一部である Adobe Target がそのnソリューションです。Target は、関連性が高くタイムリーなエクスペリエンスを顧客に届けるために必要な最適化とパーソナライズの機能を提供し、売上高とコンバージョン率を高めます。

このウェルカムキットを見ている方は、Adobe Target で最適化とパーソナライゼーションのプログラムを構築することを既に決定しています。ありがとうございます。

次に、お客様が適切な方法で、すぐに使用を開始できるようにする必要があります。

これをサポートするため、アドビでは最初の Target アクティビティの準備と開始に役立つ重要な情報、ツール、リソースを含むこのウェルカムキットを作成しました。長期的には、これらのコンテンツは、最適化とパーソナライゼーションのプログラムを成功に導くための基盤ともなります。

このページ