Adobe Experience Cloud からの Target へのアクセス

Adobe Experience Cloud から Adobe Target へのアクセス、デフォルトのランディングページの設定および Target ユーザーインターフェイスの言語の変更に関する情報です。

Adobe Target にサインインし、デフォルトの表示を設定する

  1. Adobe Experience Cloudにサインインします。

  2. ナビゲーションバーの​アプリアイコン​をクリックし、ターゲット​をクリックします。

    また、メインウィンドウのTargetパネルをクリックして、Target(またはアクセス権のある他のAdobe Experience Cloudソリューション)にアクセスすることもできます。

    アプリケーションアイコン

  3. (オプション)Target を Experience Cloud にログインした際のデフォルトビューとして設定するには、プロファイルのアバターの下にある「プロファイルを編集」をクリックして、ランディングページを設定します。

    ランディングページ

Target UI のデフォルト言語の変更

  1. Adobe Experience CloudまたはTargetにサインインした後、プロファイルのアバターをクリックし、「環境設定を編集」をクリックします。

    プロファイルを編集

  2. Adobeアカウント​をクリックしてAdobeプロファイルにアクセスします。

    Adobeアカウント

  3. 上部のメニューバーで「通知」タブをクリックし、左側の「環境設定」タブをクリックします。

    優先言語

    このテキストは、私たちがコンタクトを取る際に、あなたがAdobe使用したい言語であることを示します。これは、UI やTarget他のAdobe Experience Cloudのソリューションで使用される言語です。複数の言語を選択できます。

  4. 最初の言語(プライマリ)を選択し、必要に応じて二番目の言語を選択します。

    Target UIは次の言語で入手できます。ただし、通知は次の言語で利用できます。

    • 英語
    • スペイン語
    • フランス語
    • ドイツ語
    • 日本語
    • イタリア語
    • ポルトガル語(ブラジル)
    • 簡体字中国語
    • 繁体字中国語
    • 韓国語
  5. 保存」をクリックします。

  6. Adobe Experience CloudまたはTargetからログアウトして、再度ログインして変更内容を有効にします。

Target 製品ドキュメントの言語の変更

お使いのオペレーティングシステムやブラウザーの設定で、優先言語を検出し、その言語のドキュメント(使用できる場合)を表示する必要があります。Target ドキュメントは、自動的に翻訳され、英語ドキュメントの変更後数時間以内に英語バージョンと同期されます。

ページヘッダーのリンクをクリックすることで、言語を元の英語バージョンにすばやく変更できます。

元の言語への変更

また、ページヘッダーの右上にある言語スイッチャーアイコン( 言語 スイッチャー )をクリックすることで、サポートされる言語にすばやく変更できます。

言語スイッチャー

Target ドキュメントは、以下の言語で利用できます。

  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語
  • イタリア語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • 韓国語

このページ