A4Tを使用する場合と使用しない場合に、AdobeTargetとAdobe Analyticsの間で予期されるデータの相違

Analytics をレポートソース(A4T)として​使用する​場合と​使用しない​場合の Target と Adobe Analytics の予期されるデータの相違に関する情報です。A4T はデータの相違を大幅に削減します.

A4T を利用しない場合に予期されるデータの相違

A4T では、Analytics と Target のアクティビティのレポート双方で、Aanalytics のデータのみを利用するため、Target アクティビティレポートでソリューション間での相違はありません。ただし、場合によっては、ターゲットデータとA4T統合の範囲外のAnalyticsデータを比較し、後述の分散の問題を経験することがあります。

次に、予想されるデータの相違を示すシナリオをいくつか示します。

  • A4Tでは、Target ヒット(ページの上部)が発生する可能性がありますが、Analytics ヒット(ページの下部)は発生しません。例えば、訪問者がページを読み込んで、Analytics呼び出しがトリガーされる前にブラウザーを閉じたとします。 この場合、A4Tは、ターゲットヒットをデータから除外します。 実際のAnalytics呼び出しがない場合に、ターゲットのヒット(再びページの先頭)をAnalyticsのヒットとしてカウントすると、Analyticsのデータセットとの不一致(訪問者の水増しなど)が生じます。

    リダイレクトテストがターゲットで設定され、トラフィックを50/50(または25/25/25/25など)に分割すると、ユーザーの行動が均等に分割されない場合があります。 不均等な分割が表示される場合は、単に、1つのユーザーグループが、他のグループよりも多くのAnalytics呼び出しをランディングページで実行できなかったことを意味します。 1 つのグループに対して Analytics 呼び出しを実行すると、Target ヒットが除外され、そのユーザーが除外され、不均等になりました。

    Adobeは、AdobeチームがAdobe Experience PlatformのA4Tに向けて取り組む中で、将来この問題に取り組むことを希望しています。 Adobeチームは、ページ上の異なる時間に発生したこれらの異なるイベントの処理方法を決定しています。

    メモ

    A4T によるリダイレクトを使用するお客様の数に制限があることにより、未関連付けヒット率の割合が高く表示されるという既知の問題があります。既知の問題と解決された問題を参照してください。

A4T を​利用しない​場合に予期されるデータの相違

15 ~ 20%の相違は正常な状態であり、同じデータセットとして見なされます。システムでのカウントが異なる場合は、データの相違がより大きくなり、35 ~ 50%ほどの相違になります。場合によっては、相違がさらに大きくなることがあります。

実際のデータは著しい相違を示すことがありますが、通常、傾向には一貫性があります。相違と傾向に一貫性がある限りは、データは重要で役立つものになっています。相違と傾向に一貫性がない場合は、セットアップが正しく行われていない可能性を示しています。このような場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。

Analytics では訪問とトランザクションに基づいてシステムを使用しますが、 では訪問者ベースの指標を使用します。Target訪問者がページを開くたびに、Analyticsでは1回の訪問としてカウントされますが、Targetではアクティビティに設定された条件が満たされるまでは訪問はカウントされません。

Targetのレポートは、アクティビティの定義時に選択したコンバージョンmboxに基づくパフォーマンスを表示します。 ただし、このコンバージョンmboxデータは、Analyticsタグ実装で定義される独自のコンバージョン変数を持つAnalyticsに送信されません。 同一のデータを予期している場合(例えば、小売業者の注文でコンバージョンmboxとAnalytics購入イベントの両方がページに含まれていることが確認されている場合)、これらのタグの配置が原因で、データが異なる可能性があります。 一般に、2つの製品のレポートの傾向は似ています。

予期されるデータの相違は、技術的な相違とビジネス上の相違の両方が原因となって発生する可能性があります。

技術的な相違の例

以下の状況では、技術的な相違に基づいてデータの相違が発生する可能性があります。

  • Target の訪問者は Cookie および JavaScript を許可する必要がある。
  • ファーストパーティ Cookie およびサードパーティ Cookie に対してはそれぞれ異なる処理がおこなわれるので、これらの Cookie のタイプからのデータは一致しない。
  • ページを完全にロードする前にページから訪問者が移動すると、ページ上のタグの相対的な位置および「離脱」が発生する。
  • タイムゾーンの考慮。
  • デバイスがカウントされる場合の相違点。

ビジネス上の相違の例

以下の状況では、ビジネス上の相違に基づいてデータの相違が発生する可能性があります。

  • 訪問者と訪問指標に相違がある。
  • アクティビティのターゲット設定によって、一部の訪問者が除外される。
  • 複数のページにある1つのmbox(各ページの訪問者をカウント)
  • アクティビティの優先度は、ページ上の一部の訪問者を含み、他のを除外することができます
  • 一度コンバージョンに到達した訪問者が、アクティビティに再び入ったときに再度カウントされる可能性がある
  • Analytics ではすべての訪問および訪問者に対するコンバージョンがすべてカウントされるが、Target ではアクティビティに含まれる訪問および訪問者に対するコンバージョンのみがカウントされる。

このページ