上昇率と信頼性 - A4T FAQ

このトピックには、上昇率と信頼性に関するよくある質問に対する回答が含まれています。 Adobe Analytics レポートソースとして Adobe Target (A4T)。

A4T でオフライン計算を実行することはできますか?

A4T でオフライン計算を実行することはできますが、Analytics でのデータエクスポートを含む手順が必要になります。詳細については、「信頼水準および信頼区間」の「Analytics for Target(A4T)でのオフライン計算の実行」を参照してください。

上昇率はどのように計算されますか?

上昇率は、コントロールページの結果と成功したテストのバリエーションの差異の割合です。

信頼性はどのように計算されますか?

信頼水準は確率で、パーセンテージで表され、 1 - p-value( p-value は t 検定から計算されます。 詳しくは、 コンバージョン率.

計算指標で上昇率および信頼性が表示できないのはなぜですか?

計算指標は、現在、上昇率と信頼性の関数ではサポートされていません。 Analytics は、訪問者レベルではなく、集計レベルで指標を計算します。 信頼性とは、特に、訪問者レベルの計算です。

非計算(標準)イベントは、上昇率と信頼性でサポートされます。 リフト関数の分子になり、分子は、計算自体にはできません。 分母は、指標(インプレッション数、訪問数または訪問者数)を標準化することです。 標準イベントの例としては、注文、売上高、アクティビティコンバージョン、カスタムイベント 1 ~ 1000 などがあります。 会話率(注文件数/訪問者数)や RPV(売上高/訪問者数)などの一般的な最適化指標は、上昇率と信頼性でサポートされます。

サポートされない指標や使用例には次のようなものがあります。

  • 平均注文額(訪問者あたりの売上高/注文)。 分子は計算指標なので、AOV はサポートされていません。 代わりに、AOV に影響を与える 2 つの指標(訪問者あたりの売上高とコンバージョン率)を検討することをお勧めします。
  • 標準イベントの合計である計算指標。 例えば、10 の異なるリードフォームを 10 の異なるイベントに追跡し、それらを 1 つに追加して合計リード送信を取得できます。 これらのイベントを追跡する場合は、Analytics で単一のリード送信イベントを実装し、eVarを使用してリードフォームのタイプを収集することをお勧めします。 この方法を使用する場合は、必要な変数が少なくなり、上昇率と信頼性の関数で単一のリード送信指標を使用できるようになります。

A4T は、信頼性の計算をどのように扱いますか?

Adobe Analytics はすべての指標を非バイナリとして扱うので、通常の t 検定でのバイナリ指標の使用とは異なる方法で信頼性/p 値を計算します。 特に、A4T で使用される計算では、各ユーザーが連続した指標の結果(各ユーザーに対して 1 または 0 だけではなく)を得られるので、各エクスペリエンスの平方偏差(相対的には標準偏差)を適切に計算する必要があります。 極端な注文は考慮されません。 また、信頼性の計算では、複数のオファーに対してボンフェローニ補正は適用されません。

上昇率および信頼性は Ad Hoc および Report Builder で機能しますか?そのままでは機能しない場合、自分自身で機能させることはできますか?

上昇率と信頼性は Ad Hoc や Report Builder では機能しません。また、連続型変数を自分で計算することはできません。バイナリ指標を手動で計算することは可能です。

このページ