初期プロビジョニング - A4T FAQ

このトピックでは、Adobe TargetのレポートソースとしてのAdobe Analyticsのプロビジョニング(A4T)に関するよくある質問に対する回答を記載します。

複数ページの A4T アクティビティを設定する方法を教えてください。

基本的な複数ページの A4T ユースケースを実装するには:

  • アクティビティランディング URL /ページに Target(at.js または mbox.js)と Analytics の両方の JavaScript ライブラリを実装します。両方のソリューションを実装すると、各訪問者のターゲットデータと Analytics データが結合されます。このデータは、デフォルトで設定された 90日の有効期限が切れるまで Analytics に残ります。

  • 追跡すべき Analytics の指標があるサイトの残りのページに、Analytics を実装します。これらのページに Target を実装する必要はありません。これらのページにわたって取得された Analytics の指標は、前述の箇条書きにある訪問者のターゲット情報に基づき、ユーザーが最初に認定したターゲットアクティビティに自動的に統合されます。

自分のTargetアカウントでA4Tが有効になっているかどうかを知るにはどうしますか。

Analytics アクティビティを定義するときは、レポートスイートを選択する前に、Analytics ユーザーアカウントと Target ユーザーアカウントの両方が必要になります。ドキュメントの説明に従って、ユーザーアカウントを設定する必要があります。詳しくは、ユーザー権限の要件を参照してください。

Analyticsとターゲットにアクセスできる1つ以上のExperience Cloudグループのメンバーで、すべてのレポートスイートにアクセスできる場合は、アクティビティの作成​の下に、Analyticsを使用してA/Bテストを作成するオプションが表示されます。

プロビジョニングの問題が発生した場合は、A4T が正しくプロビジョニングされているかどうかをチェックします。

レポートスイートが読み込まれないのはなぜですか?

これらのいずれかの問題が発生した場合は、次をチェックしてください。

  • AnalyticsアカウントとターゲットアカウントがExperience Cloudー内でリンクされていることを確認します。
  • 同じExperience Cloud会社で複数のAnalytics会社ログインを使用する場合もあります。 複数のログインを使用する場合は、最後にログインしたAnalytics会社が、統合のターゲットアカウントに関連付けられていることを確認してください。
  • Experience Cloud にログインしてから数時間が経過している場合、Analytics セッションの有効期限が切れている可能性があります。一度ログアウトしてから再度ログインして、もう一度試してみます。

Target に Analytics オプションが表示されないのはなぜですか?

前述の「レポートスイートが読み込まれないのはなぜですか?」を参照上. この問題の根本原因は同じです。

Analytics で A4T レポートが表示されないのはなぜですか?

前述の「レポートスイートが読み込まれないのはなぜですか?」を参照してください。この問題の根本原因は同じです。

Target内のレポートが空になるのはなぜですか?

前述の「レポートスイートが読み込まれないのはなぜですか?」を参照してください。この問題の根本原因は同じです。

このページ