分類 - A4T FAQ

このトピックには、分類と、TargetのレポートソースとしてAnalyticsを使用する(A4T)ことに関するよくある質問に対する回答が含まれています。

分類インポーターを使用して分類をダウンロードした後、post-tnt-action値をアクティビティ名と照合するには、どうすればよいですか。

管理ツールの分類インポーターから A4T/TNT 文字列用の分類をダウンロードできます。値は、書き出しリストの「TNT」と呼ばれます。ダウンロードしたデータには、アクティビティ、エクスペリエンスなどのわかりやすい名前が含まれています。

このルックアップファイルは、Adobeのクリックストリームデータフィードを受け取るお客様に役立ちます。 ファイルは、post_tnt および post_tnt_action 列のわかりやすい名前を提供します。

標準のA/Bテストおよびエクスペリエンスのターゲット設定 (XT)アクティビティの場合、TNT文字列の形式は次のようになります。

activityID:experienceID:targettype|event

自動配分および自動ターゲットアクティビティの場合、TNT文字列の形式は次のようになります。

activityId:experienceId:targettype:algorithmId|event
  • targettype =および targettype は、自動配 algorithmId 分および自動ターゲットアクティビティで 使用さ れる内 部識 別子です。
  • event = 0 は、エクスペリエンスの開始を表します。
  • event = 1 は、エクスペリエンスの訪問を表します。
  • event = 2 は、アクティビティのインプレッションを表します。
  • event = 3-32766は、Analyticsの成功指標IDを表します。
  • event = 32767 は、アクティビティのコンバージョンを表します。
  • イベント —1または65535は、ユーザーがアクティビティまたはエクスペリエンスから削除されたことを表します。 この状況は、多くの場合、訪問者がコンバージョンする際に発生します。 訪問者はエクスペリエンスからリリースされ、他のエクスペリエンスの資格を得られるようになりました。

ブラウザーインポートまたはFTPインポートを使用して、UIから分類ファイルを頻繁にインポートできます。 また、エンジニアリングサービスと連携して、クリックストリームデータフィードと同時にルックアップテーブルとしてファイルを取得できます。

このページ