分類 - A4T FAQ

このトピックには、分類と Analytics レポートソースとして Target (A4T)。

使用後 分類インポーター 分類をダウンロードするには、post-tnt-action 値をアクティビティ名と照合する方法を教えてください。

管理ツールの分類インポーターから A4T/TNT 文字列用の分類をダウンロードできます。値は、書き出しリストの「TNT」と呼ばれます。ダウンロードしたデータには、アクティビティ、エクスペリエンスなどのわかりやすい名前が含まれています。

この参照ファイルは、 Adobeのクリックストリームデータフィード。 ファイルは、post_tnt および post_tnt_action 列のわかりやすい名前を提供します。

標準の場合 A/B テスト および エクスペリエンスのターゲット設定 (XT) アクティビティの場合、TNT 文字列の形式は次のとおりです。

activityID:experienceID:targettype|event

の場合 自動配分 および 自動ターゲット アクティビティの場合、TNT 文字列の形式は次のとおりです。

activityId:experienceId:targettype:algorithmId|event
  • targettype = targettype および algorithmId は、が使用する内部識別子です 自動配分 および 自動ターゲット アクティビティ。
  • event = 0 は、エクスペリエンスの開始を表します。
  • event = 1 は、エクスペリエンスの訪問を表します。
  • event = 2 は、アクティビティのインプレッションを表します。
  • Event = 3-32766は、Analytics の成功指標 ID を表します。
  • event = 32767 は、アクティビティのコンバージョンを表します。
  • Event -1 または65535は、ユーザーがアクティビティまたはエクスペリエンスから削除されたことを表します。 この状況は、多くの場合、訪問者がコンバージョンしたときに発生します。 訪問者はエクスペリエンスからリリースされ、他のエクスペリエンスの資格を得ることができるようになりました。

UI から分類ファイルを頻繁にインポートするには、 ブラウザーインポート または FTP インポート. また、エンジニアリングサービスと連携して、クリックストリームデータフィードと同時にルックアップテーブルとしてファイルを取得できます。

このページ