分類 - A4T FAQ

このトピックでは、分類に関してよくある質問と、AnalyticsをTargetのレポートソースとして使用する(A4T)質問に対する回答を記載します。

分類インポーターを使用して分類をダウンロードした後、post-tnt-action 値をアクティビティ名と合致させるには、どうしたらよいですか。

管理ツールの分類インポーターから A4T/TNT 文字列用の分類をダウンロードできます。値は、書き出しリストの「TNT」と呼ばれます。ダウンロードしたデータには、アクティビティ、エクスペリエンスなどのわかりやすい名前が含まれています。

このルックアップファイルは、アドビのクリックストリームデータフィードを受信する顧客にとって便利です。ファイルは、post_tnt および post_tnt_action 列のわかりやすい名前を提供します。

TNT 変数の文字列形式は、activityID:experienceID:targettype|event です。

  • targettype = 0 (control/random)または1 (targeted) for 自動配分と自動ターゲットのアクティビティ。
  • event = 0 は、エクスペリエンスの開始を表します。
  • event = 1 は、エクスペリエンスの訪問を表します。
  • event = 2 は、アクティビティのインプレッションを表します。
  • イベント= 3-32766は、Analytics成功指標IDを表します。
  • event = 32767 は、アクティビティのコンバージョンを表します。

ブラウザーインポートまたはFTPインポートを使用して、UIから分類ファイルを頻繁にインポートできます。 また、エンジニアリングサービスと連携して、クリックストリームデータフィードと同時にルックアップテーブルとしてファイルを取得できます。

このページ