アクティビティの設定 - A4T FAQ

This topic contains answers to questions that are frequently asked about activity setup and using Analytics as the reporting source for Target (A4T).

レポートソースとしての Analytics(A4T)がサポートされるのは、どのアクティビティタイプですか?

完全なリストについては、「Adobe Target のレポートソースとしての Adobe Analytics(A4T)」の「サポートされているアクティビティのタイプ」を参照してください。

目標指標を設定する際に、詳細設定にアクセスできないのはなぜですか。

レポートソース Analytics としてを使用するアクティビティ(A4T)の場合、目標指標では常に「カウントを増分、アクティビティでユーザーを保持」および「すべてのインプレッションで」設定が使用されます。 この設定は 変更できません

詳しくは、「目標指標を設定する際に、詳細設定オプションにアクセスできない理由」を参照してください。 in Metric definitions - A4T FAQ.

アクティビティを作成しました。データが表示されないのはなぜですか?

When an activity is created, Target sends a classification file to Analytics. Although Analytics is capturing the and processing the data, it does not show in the reports until the classification file has been updated. これには、最大 24 時間かかることがあります。48 時間経過してもデータが表示されない場合は、カスタマーケアにお問い合わせください。または、アクティビティを開始することがわかっている場合は、数日前にあらかじめアクティビティを作成して、アクティビティを保存する際に分類が送信されるようにしておきます。こうすることで、開始時にレポートにデータが表示されます。Please note that it takes 45-90 minutes for data to be processed in Analytics.

新しいアクティビティを作成する際に、Analytics をレポートソースとして選択できないのはなぜですか?

You can change your Reporting Settings options in Administration.

  1. で、「 Target管理 」をクリックします。
  2. レポートに使用する Experience Cloud ソリューション」ドロップダウンリストで、「アクティビティごとに選択」を選択します。

アクティビティを作成および編集する​目標と設定​画面で、レポートソース​ドロップダウンリストが有効になります。

To always use Analytics as the reporting source, select Adobe Analytics from the drop-down list in Administration.

A4Tを使用する自動ターゲットアクティビティで、訪問者は異なる訪問でのターゲットエクスペリエンスと制御されたエクスペリエンスを切り替えることができますか。

訪問間の訪問者に対してvisitorIdが変化しない場合、次のようになります。

トラフィック配分の割合をアクティビティ中に調整すると、訪問者がターゲットエクスペリエンスとコントロールエクスペリエンスの間を移動する可能性があります。

パーセント値がアクティビティの中間値に調整されていない場合、最初にコントロールを見た訪問者が常にコントロールに送信されます。 ターゲット設定されたエクスペリエンスに送信される訪問者は、常にターゲット設定されたエクスペリエンスに送信されます。

  • トラフィックの対象となる「グループ」に入った後、機械学習モデルが別のエクスペリエンスが新しい訪問に関連していると判断した場合、訪問者を訪問とは異なるエクスペリエンスに送信できます。
  • トラフィックのコントロール「バケット」に割り当てられた後は、エクスペリエンスの割り当ては、訪問者のvisitorIdの決定論的な擬似ランダムハッシュに基づくので、訪問者には常に同じエクスペリエンスが表示されます。

このページ