リリースノート —ターゲットサーバー側API

Adobe Targetのサーバー側APIに関するリリースノート

V1/配信(2019年10月9日)

まったく新しい配信APIエンドポイントがリリースされました。

  • New documentation is available.

  • 1つのエンドポイントで、1つ以上のmboxのエクスペリエンスを取得できます。

  • APIを使用してVECで作成されたアクティビティを取得します。

    VECで作成されたアクティビティを含む応答にはセレクターがあり、このセレクターを使用して、ページの中でパーソナライズする必要のある部分のみを事前に非表示にできます。 これは、ページの 最初のコンテンツペイント指標を最適化するのに役立ちます。これは、Google PageRank システムで高スコアを達成するためのビジネスにとって重要なKPIです。

  • シン グルページアプリ(SPA)および モバイルアプリケーションで使用される表示と呼ばれる、まったく新しいオブジェクトのサポート

  • 表示およびmboxのプリフェッチをサポートし、キャッシュを使用したパフォーマンスを最適化。

  • 事前に取得された表示およびmboxに関する通知の送信をサポートします。

重要

従来の /v1/mboxおよび/v2/batchmbox APIドキュメント は、引き続きアクセスできます。 ただし、新しい機能は新しい配信APIで開発され、レガシーAPIにバックポートされることはありません。

このページ