オンデバイス判定

On-device decisioningを使用すると、Adobe Target A/B TestとExperience Targeting (XT)アクティビティをサーバー上にキャッシュし、Adobe Target Edgeネットワークへのネットワークリクエストをブロックせずに、ゼロに近い待ち時間でメモリ内判定を実行できます。

詳しくは、Adobe Target SDKドキュメント​の「On-device decisioningの概要」を参照してください。

ウェビナー: のオンデバンス判定により、遅延なしのパーソナライズとテストを実現Adobe Target

これまで以上に、マーケターや、製品所有者、開発者は、サイトやアプリなど、顧客とつながるあらゆる場所での顧客エクスペリエンス全体を最適化しようと取り組んでいます。データサイロや複雑な実装を備えた複数のツールは不十分です。

この記録されたウェビナーでは、Adobe Target製品の専門家が、デバイスに関する重要なエクスペリエンス最適化の決定をローカルで実行する方法について話し合い、ほぼゼロの待ち時間で新しい使用例に扉を開き、顧客のサイトパフォーマンスを向上させます。

ベストプラクティス

Adobeは、オンデバイス判定を使用する際に、次のベストプラクティスを推奨します。

判定方法が「オンデバイス」の場合のベストプラクティス

「オンデバイス」を判定方法として使用する場合は、訪問者がWebページを初めて読み込む際に、アーティファクトがダウンロードされます。 最初のページ読み込み(キャッシュなし)で発生する必要があるアクティビティ認定は、アーティファクトが完全にダウンロードされた後でのみ発生します。 新しい匿名訪問者に対してアクティビティの認定が迅速におこなわれるように、いくつかのベストプラクティスに従うことができます。

  • アーティファクトに含まれない「オンデバイス」対応アクティビティを非アクティブ化します。
  • Target Premiumがある場合は、properties/workspacesを使用して、異なるワークスペースに異なるアーティファクトファイルを作成できます。
  • 正当な理由でアーティファクトファイルが非常に大きくなった場合は、「ハイブリッド」判定方法を使用できます。 この方法を使用すると、アーティファクトを並行してダウンロードでき、すべてのTarget API呼び出しがアーティファクトがダウンロードされるまでワイヤーを経由します。 このアプローチの詳細については、以下の「ハイブリッド」判定モード🔗に関するベストプラクティスの節を参照してください。
  • シングルページアプリケーション(SPA)の場合、Adobeでは、最初のページ読み込み時にアプリケーションのメインのJavaScriptファイルを読み込む前に、at.jsを読み込んで初期化することをお勧めします。 このアプローチにより、アーティファクトのダウンロードがはるかに早く開始され、エクスペリエンスのレンダリングが高速になります。

判定方法が「ハイブリッド」の場合のベストプラクティス

「ハイブリッド」を判定方法として使用する場合、アーティファクトは同時にダウンロードされます。 アーティファクトがダウンロードされるまで、「ロケーション」がオンデバイス対応であっても、Target API呼び出しはすべて有線で送信されます。 この動作は、すべてのgetOffers()呼び出しのデフォルトで、ほとんどの状況で最高のパフォーマンスを提供します。 decisioningMethodon-deviceに設定してgetOffers()のデフォルトの動作を変更する場合は、次のベストプラクティスに従って、エラーを回避し、最高のパフォーマンスを確保します。

  • ページの初回読み込み時にdecisioningMethodon-deviceとしてgetOffers()を呼び出す場合は、エラーを避けるために、「ARTIFACT_DOWNLOAD_SUCCEEDED」at.jsイベントハンドラー内で呼び出す必要があります。 アーティファクトが非常に大きい場合、この方法を使用する「場所」は、アーティファクトが完全にダウンロードされた後にのみレンダリングされ、エクスペリエンスのレンダリングが遅れる可能性があります。 Adobe では、この方法をほとんど使用しないことをお勧めします。このアプローチを使用する場合は、上記の「「デバイス上」のベストプラクティスの節で、アーティファクトのサイズを小さくするためのベストプラクティスに従ってください。

チュートリアル:オンデバイス判定

Adobe Target on-device decisioningは、ゼロに近い遅延のコンテンツ配信を可能にします。

この7分間のビデオ:

  • Target実装の他の方法との比較方法を含む、デバイス上の判定について説明します
  • Targetでオンデバイス判定を有効にする方法を示します。
  • JSONコンテンツを使用して設定されたフォームベースのコンポーザーアクティビティの例を調べます。
  • オンデバイス判定に必要なキー設定を含むNode.JS SDKコードのサンプルを示します
  • ブラウザーでの結果の表示

その他のビデオやチュートリアルについては、 Adobe TargetTutorialsガイドを参照してください。

Adobeテクニカルブログ — 第1部:エッジプラットフォーム(Akamai Edge Workers)で実験とパーソナライゼーションを行うためにAdobe Target NodeJS SDKを実行します。

ブログ投稿にアクセスするには、ここをクリックします

Adobe Tech Blog - パート 2:Edge Platform で実験とパーソナライゼーションをおこなうために Adobe Target NodeJS SDK を実行する(AWS Lambda@Edge)

ブログ投稿にアクセスするには、ここをクリックします

このページ