Location Service の使用

場所は、モバイルユーザーを理解し、関与させる上で重要なコンテキストです。 このコンテキストを使用することで、モバイルアプリ開発者はアプリのデザインを強化し、よりパーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを提供できます。

Adobe Experience Platform Location Service (Location Service)は、場所を認識するモバイルアプリで、柔軟な目標地点(POI)データベースを伴う豊富で使いやすいSDKインターフェイスを使用して、場所のコンテキストを理解できる地域サービスです。

Location ServiceをTargetと共に使用して、 Adobe Experience Platform🔗にタグを含むルールを活用し、Adobe Target SDKイベントにPlacesデータを添付できます。

詳しくは、『Adobe Experience Platform Location Serviceガイド』の「Adobe TargetでのLocation Serviceの使用」を参照してください。

このページ