モバイルアプリにおける Target の仕組み

Adobe Mobile SDK は、ユーザーに適切なエクスペリエンスを表示するため、Target サーバーに接続してコンテンツと他のデータポイントを取得します。

ターゲットの場所と成功指標

ターゲットの場所 はmboxとも呼ばれます。アプリで識別した場所は、テストとパーソナライゼーション(例えば、ホーム画面のようこそメッセージ)のために有効になります。これらの場所は、テスト作成プロセスの間に識別されます。

成功指標​はユーザーが実行するアクションで、特定のアクティビティが成功したかどうか(サインアップ、購入、チケットの予約など)を識別します。

  • Target の場所:​登録ボタンの下に表示されるコンテンツ。

    このユーザーは、18 時まで送料無料の提供を受けています。この場所は、A/B テストとパーソナライゼーションを実行するために、複数の Target アクティビティで再利用することができます。

  • 成功指標:ユーザーが登録ボタンをタップするという、ユーザーによって実行されるアクション。

SDK における Target の仕組み

このページ