mbox.js のダウンロード

Target Standard および Premium では Adobe Target mbox.js ファイルの修正バージョンを使用します。

重要

mbox.jsの提供終了:2021年3月31日をもって、mbox.jsライブラリ Adobe Target はサポートされなくなります。2021年3月31日以降、mbox.jsからのすべての呼び出しが正常に失敗し、Targetアクティビティが実行されているページにはデフォルトコンテンツが提供されます。

サイトに発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様に、新しいAdobe Experience Platform Web SDKまたはat.js JavaScriptライブラリの最新バージョンに今日までに移行することをお勧めします。 詳しくは、概要:クライアント側webのターゲットを実装します。

新しい Adobe TargetVisual Experience Editor を使用するには、mbox.js ファイルの一部に JavaScript の行を追加する必要があります。

  1. Target Standardの​管理/実装​をクリックします。

  2. mbox.js をダウンロード」をクリックし、プロンプトに従ってファイルを保存します。

  3. (条件付き)mbox.js バージョン 60 以降を使用する場合、mbox がレスポンシブサイトのフリッカーをロードするまでデフォルトでページのコンテンツを自動的に表示にするようライブラリを設定します。

    詳細については、「mbox. js の詳細設定」の「ページ読み込み時のちらつきを抑える」を参照してください。

  4. Web サイトに mbox.js の参照を作成します。

    mbox.js バージョン 57 以降、mbox.js 参照はページの <head> セクション内の任意の場所に配置できます。

    重要

    バージョン 57 未満のバージョンの mbox.js を使用する場合、参照はページの <head> セクションの最後の項目として配置する必要があります。mbox.js 参照が最後の項目になっていないと、表示またはパフォーマンス上の深刻な問題が発生する可能性があります。詳しくは、mbox.jsの機能を参照してください。

  5. 保存した mbox.js ファイルを、コード内で指定したホスティング環境の場所にアップロードします。

このページ