グローバル mbox にパラメーターを渡す

The JavaScript targetPageParams function is used to pass parameters to the global mbox in Adobe Target. This is needed in any scenario where additional targeting/context information is to be passed into Target.

For example, in a Recommendations activity, use the parameters to represent the current product or category that is being viewed.

グローバルmboxがat.jsの一部として呼び出される場合でも、ページのコードに手動で組み込まれる場合でも、JavaScript関数を呼び出すコードは、ページ上のグローバルmboxの前に記述する必要があります。

メモ

If you want to add parameters to all mboxes on the page, not just to the global mbox, use the targetPageParamsAll() function.

次のいずれかの方法で、targetPageParams() 関数を使用して target-global-mbox にパラメーターを渡せます。

  • 配列
  • JSON オブジェクト
  • アンパサンド区切りのリスト

これら 3 つの方法を使用して、パラメーターが正しく渡されていることを確認できます。また、Adobe Experience Cloud デバッガーを使用して、パラメーターの受け渡しを確認することもできます。

ページにグローバル mbox を追加する前に、JavaScript 関数を定義する必要があります。名前は targetPageParams とします。

クエリ文字列

p1=v1&p2=v2&p3=hello%20world
  • 名前: targetPageParams

  • 戻り値:パラメーターの値が URL エンコードされた、「&」文字で区切られた一連のパラメーター

    例:

    この例では、p3 の値は hello world です。この値は、URL エンコードされています。

次に、ページのコードの例を示します。

<html> 
  <head> 
    <title>Title here..</title> 
    <script type="text/javascript"> 
        function targetPageParams() { 
           
<b>return "p1=v1&p2=v2&p3=hello%20world"</b>; 
        } 
    </script> 
    <script src="mbox.js" type="text/javascript"></script> 
  </head> 
  <body>Body here... 
  </body> 
</html>

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • p1=v1
  • p2=v2
  • p3=hello world

配列

<!--window.-->targetPageParams = function() { 
  return ["a=1", "b=2", "c=hello world"]; 
}; 

値を URL エンコードする必要はありません。例えば、値にスペースが含まれている場合でも、スペースをエンコードする必要はありません。

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • a=1
  • b=2
  • c=hello world

JSON

JSON は、パラメーターを渡すための強力な機能を備えています。Target は、JSON オブジェクトのキーを使用して、複雑な構造をシンプルなパラメーターへとフラット化します。

<!--window.-->targetPageParams = function() { 
  return { 
    "a": 1, 
    "b": 2, 
    "profile": { 
                  "memberStatus": Gold, 
                  "country": { 
                                "city": "San Francisco" 
                            } 
              } 
  }; 
}; 

値を URL エンコードする必要はありません。例えば、「San Francisco」という値でも、スペースをエンコードする必要はありません。普通にスペースを挿入するだけです。

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • a=1
  • b=2
  • profile.memberStatus=ゴールド
  • profile.country.city=San Francisco

このページ