概要:クライアント側Web用のTargetの実装

クライアント側での Adobe Target の実装では、Target アクティビティに関連付けられたエクスペリエンスをクライアントブラウザーに直接配信します。ブラウザーは、表示するエクスペリエンスを決定して表示します。クライアント側の実装では、WYSIWYG エディタ、Visual Experience Composer (VEC)、または非視覚的インタフェースであるフォームベースの Experience Composer を使用して、アクティビティとパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できます。

Adobe Targetクライアント側を実装するには、次のJavaScriptライブラリのいずれかを使用する必要があります。

重要

mbox.js のサポート:2021 年 3 月 31 日(PT)をもって、Adobe Targetmbox.js ライブラリのサポートは終了しました。 2021 年 3 月 31 日(PT)以降、mbox.js からのすべての呼び出しはエラーなく失敗し、デフォルトコンテンツを提供することで Target アクティビティを実行しているページに影響を与えます。Adobe では、サイトに発生する可能性のある問題を回避するため、すべてのお客様に、新しいAdobe Experience Platform Web SDKまたは at.js JavaScript ライブラリを最新バージョンに移行することをお勧めします。

このページ