グローバル mbox にパラメーターを渡す

Adobe Target内のグローバルmboxにパラメーターを渡すには、JavaScript targetPageParams関数を使用します。 これは、追加のターゲット設定/コンテキスト情報をTargetに渡す場合に必要です。

例えば、Recommendationsアクティビティーでは、表示中の現在の製品またはカテゴリを表すパラメーターを使用します。

グローバルmboxがat.jsの一部として呼び出される場合でも、ページのコードに手動で組み込まれる場合でも、JavaScript関数を呼び出すコードは、ページ上のグローバルmboxの前に記述する必要があります。

メモ

グローバルmboxだけでなく、ページ上のすべてのmboxにパラメーターを追加する場合は、targetPageParamsAll()関数を使用します。

次のいずれかの方法で、targetPageParams() 関数を使用して target-global-mbox にパラメーターを渡せます。

  • 配列
  • JSON オブジェクト
  • アンパサンド区切りのリスト

これら 3 つの方法を使用して、パラメーターが正しく渡されていることを確認できます。また、Adobe Experience Cloud デバッガーを使用して、パラメーターの受け渡しを確認することもできます。

ページにグローバル mbox を追加する前に、JavaScript 関数を定義する必要があります。名前は targetPageParams とします。

クエリ文字列

p1=v1&p2=v2&p3=hello%20world
  • 名前: targetPageParams

  • 戻り値:パラメーターの値が URL エンコードされた、「&」文字で区切られた一連のパラメーター

    例:

    この例では、p3 の値は hello world です。この値は、URL エンコードされています。

次に、ページのコードの例を示します。

<html> 
  <head> 
    <title>Title here..</title> 
    <script type="text/javascript"> 
        function targetPageParams() { 
          return "p1=v1&p2=v2&p3=hello%20world";
        } 
    </script> 
    <script src="mbox.js" type="text/javascript"></script> 
  </head> 
  <body>Body here... 
  </body> 
</html>

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • p1=v1
  • p2=v2
  • p3=hello world

配列

<!--window.-->targetPageParams = function() { 
  return ["a=1", "b=2", "c=hello world"]; 
}; 

値を URL エンコードする必要はありません。例えば、値にスペースが含まれている場合でも、スペースをエンコードする必要はありません。

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • a=1
  • b=2
  • c=hello world

JSON

JSON は、パラメーターを渡すための強力な機能を備えています。Target は、JSON オブジェクトのキーを使用して、複雑な構造をシンプルなパラメーターへとフラット化します。

<!--window.-->targetPageParams = function() { 
  return { 
    "a": 1, 
    "b": 2, 
    "profile": { 
                  "memberStatus": Gold, 
                  "country": { 
                                "city": "San Francisco" 
                            } 
              } 
  }; 
}; 

値を URL エンコードする必要はありません。例えば、「San Francisco」という値でも、スペースをエンコードする必要はありません。普通にスペースを挿入するだけです。

この例では、次のデータを mbox エッジに送ります。

  • a=1
  • b=2
  • profile.memberStatus=ゴールド
  • profile.country.city=San Francisco

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now