at.jsのオンデバイス判定のトラブルシューティング

次の手順を実行して、at.js JavaScriptライブラリを使用してAdobe Targetのオンデバイス判定のトラブルシューティングを行います。

手順1:at.jsのコンソールログの有効化

URLパラメーターmboxDebug=1を追加すると、at.jsはブラウザーのコンソールにメッセージを印刷できます。

便利な概要を示すため、すべてのメッセージにプレフィックス「AT:」が付いています。 アーティファクトが正常に読み込まれたことを確認するには、コンソールログに次のようなメッセージが含まれている必要があります。

AT: LD.ArtifactProvider fetching artifact - https://assets.adobetarget.com/your-client-cide/production/v1/rules.json
AT: LD.ArtifactProvider artifact received - status=200

次の図に、コンソールログに表示されたメッセージを示します。

アーティファクトメッセージを含むコンソールログ

手順2:ブラウザーの[ネットワーク]タブで、ルールアーティファクトのダウンロードを確認します。

ブラウザーの「ネットワーク」タブを開きます。

例えば、Google Chromeで開発ツールを開くには:

  1. Ctrl + Shift + Jキー(Windows)またはCommand + Option + Jキー(Mac)を押します。

  2. 「ネットワーク」タブに移動します。

  3. キーワード「rules.json」で呼び出しをフィルターし、アーティファクトのルールファイルのみが表示されるようにします。

    また、「/配信|rules.json/」でフィルタリングして、すべてのTarget呼び出しとartifact rules.jsonを表示できます。

    Google Chromeの「ネットワーク」タブ

手順3:at.jsカスタムイベントを使用したルールアーティファクトのダウンロードの検証

at.jsライブラリは、2つの新しいカスタムイベントをディスパッチして、オンデバイスの判定をサポートします。

  • adobe.target.event.ARTIFACT_DOWNLOAD_SUCCEEDED
  • adobe.target.event.ARTIFACT_DOWNLOAD_FAILED

購読すると、アーティファクトルールファイルのダウンロードが成功または失敗した場合のアクションを実行するために、アプリケーション内のこれらのカスタムイベントをリッスンできます。

次の例は、アーティファクトのダウンロードの成功と失敗のイベントをリッスンするコードの例を示しています。

document.addEventListener(adobe.target.event.ARTIFACT_DOWNLOAD_SUCCEEDED, function(e) { 
  console.log("Artifact successfully downloaded", e.detail);
}, false);

document.addEventListener(adobe.target.event.ARTIFACT_DOWNLOAD_FAILED, function(e) { 
  console.log("Artifact failed to download", e.detail);
}, false);

このページ