targetPageParams()

このメソッドにより、リクエストコードの外部からグローバル mbox にパラメーターを付加できます。

この関数は、同じパラメーターのセットを複数の mbox 呼び出しに含めるのに非常に便利です。この関数は、お客様によって定義される必要があります。グローバル mbox リクエストにのみ渡されるパラメーターの配列を返す必要があります。この関数は、at.jsが読み込まれる前、または​管理 > 実装 > 編集 > ライブラリヘッダー​に定義できます。

次のいずれかの方法で、targetPageParams() 関数を使用して target-global-mbox にパラメーターを渡せます。

  • アンパサンド区切りのリスト
  • 配列
  • JSON オブジェクト

アンパサンド区切りのリスト(値は URL エンコードされている必要がある):

function targetPageParams() { 
    return "param1=value1&param2=value2&p3=hello%20world"; 
}

配列(値を URL エンコードする必要はない):

targetPageParams = function() { 
     return ["a=1", "b=2", "c=hello world"]; 
};

JSON(値を URL エンコードする必要はない):

targetPageParams = function() { 
  return { 
    "a": 1, 
    "b": 2, 
    "profile": { 
        "age": 26, 
        "country": { 
          "city": "San Francisco" 
        } 
      } 
  }; 
};

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now