registerExtension() - at.js 1.x

特定の拡張を登録するための標準的な方法を提供します。

メモ

この関数は at.js バージョン 1.x のみで使用できます。この関数は at.js 2.x のリリースで廃止されました。at.js 2.x で使用する場合、この関数はデフォルトコンテンツを返します。

options パラメーターは必須で、以下の構造を持ちます。

キー タイプ 必須 説明
name 文字列 拡張名です。
モジュール Array[String] リクエストしたモジュール名を示す文字列の配列です。
登録 関数 拡張の初期化および構築に使用される関数です。この関数では、モジュール配列に基づいた引数を受け取ります。

メモ:

  • パラメーターのいずれかが指定されていない場合は、例外が発生します。
  • モジュール配列が空白の場合は、例外が発生します。

registerExtension の使用方法に関するその他の情報および例の詳細については、GitHub 上の「Adobe Experience Cloud Target atjs Extensions」ページを参照してください。

モジュールメソッドの設定

キー タイプ 説明
clientCode 文字列 クライアントコード
serverDomain 文字列 Edge サーバードメイン
globalMboxName 文字列 Target のグローバル mbox 名
globalMboxAutoCreate ブール値 自動作成が有効化されているかどうかを示します。
timeout 数値 リクエストのタイムアウト

Logger Module メソッド

キー タイプ 説明
log 関数 ブラウザーコンソールに対する引数の変数リストを記録します(存在する場合)。mboxDebug=true が URL に渡される場合にのみアクティブ化されます。
error 関数 ブラウザーコンソールに対する引数の変数リストを記録します。ネットワークのタイムアウトや、HTML ノードが見つからない場合など、重大なエラーが発生した場合にのみアクティブ化されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free