mboxCreate(mbox,params) - at.js 1.x

リクエストを実行し、mboxDefault クラス名を持つ最も近い DIV にオファーを適用します。

メモ

この関数は at.js バージョン 1.x のみで使用できます。この関数は at.js 2.x のリリースで廃止されました。at.js 2.x で使用する場合、この関数はデフォルトコンテンツを返します。

この関数は、at.js から mbox.js への移行の多くを簡単にするために、at.js に組み込まれています。新しく mboxCreate() に代わるものは、adobe.target.applyOffer()/adobe.target.getOffer() または Angular ディレクティブです。

<div class="mboxDefault"> 
  default content to replace by offer 
</div> 
<script> 
  mboxCreate('mboxName','param1=value1','param2=value2'); 
</script>

メモ

mboxCreate() は、「標準」エンドポイントではなく「json」エンドポイントを使用し、非同期で実行されます。理由は以下のとおりです。

  • デバッグ が少し異なる。

  • オファーコードが同期を必要としたり、呼び出しをブロックするのを避ける。

    例えば、サイトコードまたは後でページに表示される他の mbox によって使用される JavaScript 変数を設定するオファー。

  • mboxCreate() を呼び出す前に <div class="mboxDefault"></div> があることを確認してください(at.js によって追加されないため)。

  • 空の、ページの先頭にある mboxCreate() 関数は、グローバル mbox としてお勧めしません。

    at.js で自動作成されたグローバル mbox は、<head> から実行され、より早くコンテンツを返せる、より優れたオプションです。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now