adobe.target.applyOffer(options)

この関数は、Adobe Targetを使用して応答内容を適用するためのものです。

メモ

applyOffer には mbox パラメーターが必要です。mbox 名が指定されていないと、エラーが発生します。

options パラメーターは必須で、以下の構造を持ちます。

キー タイプ 必須 説明
mbox 文字列 mbox 名
at.js 1.3.0 以降の場合、Target では mbox キーが強制的に使用されます。これまでもこのキーは必須でしたが、Target では、適切な検証がおこなわれ、お客様がこの関数を正しく利用するために、使用が強制されるようになりました。
selector 文字列または DOM 要素 × Target がオファーコンテンツを配置する必要がある HTML 要素を特定するために使用される HTML 要素または CSS セレクター。セレクターを指定しない場合、ターゲットは、HTML要素でHTMLHEADを使用する必要があると想定します。
オファー 配列 要素に適用される配列アクション。

次の例に、getOfferapplyOffer を一緒に使用する方法を示します。

adobe.target.getOffer({   
  "mbox": "mbox",   
  "success": function(offers) {           
        adobe.target.applyOffer( {  
           "mbox": "mbox", 
           "offer": offers  
        } ); 
  },   
  "error": function(status, error) {           
      if (console && console.log) { 
        console.log(status); 
        console.log(error); 
      } 
  }, 
 "timeout": 5000 
}); 

このページ