at.js のデプロイ方法

Adobe Experience Platform内のタグを使用する、またはタグマネージャーを使用せずに、Adobe Target JavaScriptライブラリat.jsをデプロイする方法に関する情報です。

次の方法を使用して at.js をデプロイできます。

  • Target Adobe Experience Platform​でタグを使用して実装する:のタグ Adobe Experience Platform は、の次世代タグ管理機能で Adobeす。タグを使用すると、顧客体験の実現に必要な分析、マーケティングおよび広告のタグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。

    メモ

    Adobe Experience Platform Launch は、のデータ収集テクノロジーのスイートとしてリブランドされま Adobe Experience Platformした。その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の統合的な参照については、次のドキュメントを参照してください。

  • タグマネージャーを使用しないTargetの実装:タグマネージャーを使用せずにTargetを実装できます(例:のタグ) Adobe Experience Platform。

  • サードパーティのタグマネージャーを使用したTargetの実装: タグ Adobe Experience Platform は、Targetを実装する推奨される方法です。ただし、Tealium、Ensighten、Googleタグなどのサードパーティのタグマネージャーを使用してTargetを実装することもできます。Launchを使用する利点のリストについては、 Adobe Target 拡張機能🔗を使用してat.jsを実装するメリットを参照してください。

    ただし、タグマネージャーを使用せずにTargetを実装する方法がわかっている場合は、サイトコードでat.jsをハードコーディングする代わりに、サードパーティのタグマネージャーを使用して簡単に実装できます。

    サードパーティのタグマネージャーと共にTargetを実装する際に役立つ、次の2つの関連トピックを紹介します。

    詳しくは、サードパーティのタグマネージャーのドキュメントを確認してください。

シングルページアプリ(SPA)を使用する場合にTargetを実装するには、シングルページアプリケーションの実装を参照してください。

このページ