Target を使用した Adobe Experience Platform の実装

Adobe Experience Platform のタグは、Adobe の次世代タグ管理機能です。タグは、適切な顧客体験の実現に必要な分析、マーケティングおよび広告タグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジーのスイートとしてリブランドされました。その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更に関する参照の一覧については、次のドキュメント を参照してください。

詳細な情報を取得できる様々なソースを次の表に示します。

リソース 詳細
Adobe Target の追加 このチュートリアルでは、Adobe Experience Platform のタグを使用して web サイトに Target を実装する手順を詳しく説明します。at.js JavaScript ライブラリの追加、グローバル mbox の発行、パラメーターの追加、他のソリューションとの統合といったトピックが含まれます。この記事は、Adobe Experience Platform や他の Adobe Experience Cloud ソリューションの実装方法を示す、より大きなチュートリアルの一部です。
クイックスタートガイド 適切な顧客体験の実現に必要な分析、マーケティングおよび広告タグのデプロイおよび管理に関する情報。
Adobe Target 拡張機能の概要 Adobe Experience Platform を使用した Target の実装に関する情報

Target 拡張機能を使用して at.js を実装するメリット

次のメリットは、Adobe Experience Platform のタグを使用して at.js を実装する場合にのみ当てはまります。したがって、Adobe では、at.js の手動実装ではなく、Adobe Experience Platform でタグを使用することを強くお勧めします。

  • **Adobe Analytics と Target の競合状態の解消:**Analytics 呼び出しは Target 呼び出しより先に実行される可能性があるので、Target 呼び出しは Analytics 呼び出しには結合されません。これにより、データが正しくなくなるおそれがあります。Target 拡張機能では、Target 呼び出しが成否に関わらず完了するまで Analytics ビーコン呼び出しが待機します。Adobe Experience Platform でタグを使用すると、手動で実装する場合に発生する可能性のあるデータ不整合の問題を解決できます。

    メモ

    Analytics 呼び出しが Target 呼び出しを待つように、Adobe Analytics 拡張機能で「ビーコンを送信」アクションを使用します。 カスタムコードを使用して s.t() または s.tl() を直接呼び出す場合、Analytics 呼び出しは Target 呼び出しが完了するまで待機することはありません。

  • 不正なリダイレクトオファー処理の防止:​ページに Target と Analytics があり、Target によってリダイレクトオファーが実行される場合、(ユーザーが別の URL にリダイレクトされようとしているにもかかわらず)Analytics トラッカーが誤ってリクエストをトリガーする状況が発生する可能性があります。Adobe Experience Platform のタグを使用して Target および Analytics を実装する場合、この問題は発生しません。Adobe Experience Platform でタグを使用すると、Target は、Analytics ビーコンリクエストを中止するように Analytics に指示します。

このページ