ページのパラメーター

ページパラメーター(「mboxパラメーター」とも呼ばれます)は、ページコードを介して直接渡される名前と値のペアで、今後の使用のために訪問者のプロファイルに保存されません。

ページパラメーターは、今後のターゲティングで使用するために訪問者のプロファイルと共に保存する必要のないページデータをTargetに送信する場合に役立ちます。 これらの値は、ページまたはユーザーが特定のページでおこなったアクションの記述に使用されます。

形式

ページパラメーターは、サーバー呼び出しを介して、文字列の名前と値のペアとして Target に渡されます。パラメーターの名前と値はカスタマイズできます(ただし、特定用途向けに「予約されている名前」もあります)。

  • page=productPage

  • categoryId=homeLoans

使用例

  • 製品ページ:閲覧された特定の製品に関する情報を送信します(この方法はRecommendationsの機能です)。
  • 注文の詳細:注文の収集のために注文ID、orderTotalなどを送信する
  • カテゴリ親和性:特定のサイトカテゴリに対するユーザーの親和性に関するデータを構築するために、カテゴリの閲覧情報を Target に送信します。
  • サードパーティデータ:天気ターゲティングプロバイダー、アカウントデータ(例:DemandBase)、デモグラフィックデータ(例:Experian)など、サードパーティのデータソースからの情報を送信します。

方法の利点

データはリアルタイムでTargetに送信され、同じサーバー呼び出しでそのデータを使用できます。

注意事項

  • ページコードの更新が必要です(直接更新するか、タグ管理システムを使用します)。

  • 後続のページ/サーバー呼び出しでターゲティングにデータを使用する必要がある場合は、プロファイルスクリプトに変換する必要があります。

  • Internet Engineering Task Force(IETF)標準では、クエリ文字列に文字のみを含めることができます。

    Targetでは、IETFサイトに記載されている文字に加えて、クエリ文字列で次の文字も使用できます。

    < > # % " { } | \ ^ [ ] `

    これ以外の文字はすべて URL エンコードする必要があります。以下に示すように、標準では、次の形式( https://www.ietf.org/rfc/rfc1738.txt )を指定します。

    または、簡略化した完全なリスト:

コード例

targetPageParamsAll(ページのすべての mbox 呼び出しにパラメーターを追加します):

function targetPageParamsAll() { return "param1=value1&param2=value2&p3=hello%20world";

targetPageParams(ページのグローバル mbox にパラメーターを追加します):

function targetPageParams() { return "param1=value1&param2=value2&p3=hello%20world";

mboxCreate コードのパラメーター:

<div class="mboxDefault"> default content to replace by offer </div> <script> mboxCreate('mboxName','param1=value1','param2=value2'); </script>

関連情報へのリンク

Recommendations:ページタイプに従った実装

注文の確認:コンバージョンの追跡

カテゴリ親和性:カテゴリ親和性

このページ