ページ内プロファイル属性

Adobe Targetのページ内プロファイル属性(「in-mboxプロファイル属性」とも呼ばれます)は、将来的に使用するために訪問者のプロファイルに保存されるページコードを介して直接渡される名前/値のペアです。

ページ内プロファイル属性を利用すると、ユーザー固有のデータを Target のプロファイルに保管し、以降のターゲティングやセグメント化に利用できます。

形式

ページ内プロファイル属性は、サーバー呼び出しを介して、属性名の先頭に「profile.」が追加された文字列の名前と値のペアとしてTarget に渡されます。

属性の名前と値はカスタマイズできます(ただし、特定用途向けに「予約されている名前」もあります)。

  • profile.membershipLevel=silver
  • profile.visitCount=3

使用例の例

  • ログイン情報:ユーザーのログインに基づく、PII(個人情報)以外のデータを Target と共有します。このデータは、メンバーシップステータス、注文履歴などがあります。
  • 店舗情報:ユーザーがどの場所の店舗を選んだのかを追跡します。
  • 過去のインタラクション:サイトでのユーザーの過去の行動を追跡し、以降のパーソナライゼーションに生かします。

方法の利点

データはリアルタイムでターゲットに送信され、データが送信されるのと同じサーバーコールで使用できます。

注意事項

ページコードの更新が必要です(直接更新するか、タグ管理システムを使用します)。

属性と値はサーバー呼び出しで確認できるので、訪問者は値を確認できます。クレジット範囲や他の潜在的なプライベート情報などの情報を共有する場合は、この方法が最適なアプローチではない可能性があります。

コードの例

targetPageParamsAll(ページのすべての mbox 呼び出しに属性を追加します):

function targetPageParamsAll() { return "profile.param1=value1&profile.param2=value2&profile.p3=hello%20world"; }

targetPageParams(ページのグローバル mbox に属性を追加します):

function targetPageParams() { return profile.param1=value1&profile.param2=value2&profile.p3=hello%20world"; }

mboxCreate コードの属性:

<div class="mboxDefault"> default content to replace by offer </div> <script> mboxCreate('mboxName','profile.param1=value1','profile.param2=value2'); </script>

関連情報へのリンク

プロファイル属性

訪問者プロファイル

このページ