データプロバイダー

データプロバイダーは、サードパーティからAdobe Targetにデータを簡単に渡すことができる機能です。

注意:データプロバイダーはat.js 1.3以降が必要です。

形式

window.targetGlobalSettings.dataProviders 設定は、データプロバイダーの配列です。

各データプロバイダーの構造について詳しくは、データプロバイダーを参照してください。

使用例の例

サードパーティから、気象予報サービス、DMP、自社の Web サービスなどのデータを収集します。このデータを利用して、オーディエンスやターゲットコンテンツを構築したり、訪問者プロファイルを充実させることができます。

方法の利点

この設定では、Demandbase、BlueKai、カスタムサービスなどのサードパーティのデータプロバイダーからデータを収集し、そのデータをグローバル mbox リクエストで mbox パラメーターとして渡すことができます。

非同期および同期リクエストを介した複数のプロバイダーからのデータ収集もサポートしています。

この手法では、デフォルトのページコンテンツのちらつきを制御しながら、プロバイダーごとに個別のタイムアウトを指定し、ページのパフォーマンスへの影響を抑制することが簡単にできます。

注意事項

window.targetGlobalSettings.dataProvidersに追加されたデータプロバイダが非同期の場合、それらは並行して実行されます。 訪問者APIリクエストは、window.targetGlobalSettings.dataProvidersに追加された関数と並行して実行され、最小の待ち時間が許可されます。

at.jsはデータをキャッシュしません。 データプロバイダーが 1 回だけデータを取得する場合は、データをキャッシュし、そのプロバイダーの関数が呼び出されたら、2 回目の呼び出しでキャッシュデータを配信できるようにする必要があります。

コードの例

データプロバイダーにはいくつかの例が記載されています。

関連情報へのリンク

ドキュメント:データプロバイダー

トレーニングビデオ:

このページ