CNAME と Target

操作の手順 Adobe に CNAME(正規名)サポートを実装するための ClientCare Adobe Target. CNAME を使用して、広告ブロックの問題や ITP 関連 (Intelligent Tracking Prevention)Cookie ポリシーを処理します。 CNAME を使用すると、が所有するドメインではなく、お客様が所有するドメインに対して呼び出しがおこなわれます。 Adobe.

での CNAME サポートのリクエスト Target

  1. SSL 証明書に必要なホスト名のリストを決定します(下記の FAQ を参照)。

  2. 各ホスト名に対して、DNS に通常の Target hostname clientcode.tt.omtrdc.net.

    例えば、クライアントコードが「顧客名」で、提案したホスト名が target.example.comに設定すると、DNS CNAME レコードは次のようになります。

    target.example.com.  IN  CNAME  cnamecustomer.tt.omtrdc.net.
    
    重要

    Adobeの認証局である DigiCert は、この手順が完了するまで証明書を発行できません。 したがって Adobe は、この手順が完了するまで CNAME 実装のリクエストを満たすことができません。

  3. このフォームに入力 を含め、 開く Adobe CNAME サポートをリクエストする ClientCare チケット:

    • Adobe Target client code:
    • SSL 証明書ホスト名 ( 例: target.example.com target.example.org):
    • SSL 証明書購入者 (Adobe を強くお勧めします(FAQ を参照)。Adobe/顧客
    • 顧客が証明書 (「Bring Your Own Certificate」(BYOC) とも呼ばれる ) を購入している場合は、次の追加情報を入力します。
      • 証明書の組織 ( 例:Example Company Inc):
      • 証明書の組織単位 ( オプション、例:マーケティング ):
      • 証明書の国 ( 例:米国 ):
      • 証明書の状態/地域 ( 例:(カリフォルニア):
      • 証明書の市区町村 ( 例:(サンノゼ):
  4. If Adobe は証明書を購入しています Adobe は DigiCert と連携して証明書を購入し、にデプロイします。 Adobeの実稼動サーバー。

    顧客が証明書 (BYOC) を購入している場合、 Adobe ClientCare から証明書署名要求 (CSR) が送信されます。 CSR は、選択した証明機関を通じて証明書を購入する際に使用します。 証明書が発行されたら、証明書と中間証明書のコピーをに送信します。 Adobe 導入に関する ClientCare。

    Adobe 実装の準備が整うと、ClientCare から通知が届きます。

  5. を更新します。 serverDomain (ドキュメント) を新しい CNAME ホスト名に設定し、 overrideMboxEdgeServer から false (ドキュメント) を at.js 設定に含める必要があります。

よくある質問

次の情報は、での CNAME サポートのリクエストと実装に関するよくある質問に回答します。 Target:

自分の証明書を提供することはできますか(自分の証明書を持って来るか、BYOC か)?

独自の証明書を指定できます。 しかし、 Adobe では、この方法をお勧めしません。 SSL 証明書のライフサイクルの管理が、 Adobe そして Adobe 証明書を購入して制御します。 SSL 証明書は、毎年更新される必要があります。 したがって Adobe 新しい証明書を適時に取得するには、ClientCare から毎年お客様に連絡を取る必要があります。 更新された証明書を適時に作成するのが困難な場合があります。 お使いの Target ブラウザーは接続を拒否するので、証明書の有効期限が切れると実装が危険化されます。

重要

次をリクエストする場合、 Target bring-your-certificate CNAME 実装を使用する場合、お客様はに新たに証明書を提供する必要があります。 Adobe ClientCare を毎年ご利用いただけます。 CNAME 証明書の有効期限が Adobe 更新された証明書をデプロイすると、特定の Target 実装。

新しい SSL 証明書の有効期限が切れるまで、どのくらいですか?

すべて Adobe — 購入した証明書は 1 年間有効です。 詳しくは、 1 年間の証明書に関する DigiCert の記事 を参照してください。

どのホスト名を選択する必要がありますか? 1 つのドメインにつき、ホスト名をいくつ選択すればよいですか。

Target CNAME 実装では、SSL 証明書およびお客様の DNS で、ドメインごとに 1 つのホスト名のみが必要です。 Adobe では、ドメインごとに 1 つのホスト名を推奨します。 お客様によっては、独自の目的(ステージング環境でのテストなど)のために、ドメインごとにより多くのホスト名が必要となる場合がありますが、これはサポートされています。

ほとんどのお客様は、次のようなホスト名を選択します。 target.example.com. Adobe ではこの方法に従うことをお勧めしますが、最終的にはお客様の選択になります。 既存の DNS レコードのホスト名をリクエストしないでください。 これを行うと競合が発生し、解決に要する時間が遅れます Target CNAME リクエスト。

の CNAME 実装は既にあります。 Adobe Analytics、同じ証明書またはホスト名を使用できますか。

いいえ、 Target には、別のホスト名と証明書が必要です。

は現在の Target ITP 2.x の影響を受けますか?

Apple Intelligent Tracking Prevention(ITP) バージョン 2.3 では、次の項目を検出できる CNAME Cloaking Mitigation 機能が導入されました。 Adobe Target CNAME 実装を参照し、cookie の有効期限を 7 日に短縮します。 現在 Target には、ITP の CNAME クローキング緩和の回避策はありません。 ITP について詳しくは、 Apple Intelligent Tracking Prevention(ITP)2.x.

CNAME 実装がデプロイされると、どのようなサービス中断が予想されますか?

証明書がデプロイされた際に、サービスの中断は発生しません(証明書の更新を含む)。

ただし、 Target 実装コード (serverDomain (at.js の)新しい CNAME ホスト名 (target.example.com)、Web ブラウザーでは、再訪問者が新規訪問者として扱われます。 以前のホスト名 (clientcode.tt.omtrdc.net) をクリックします。 ブラウザーのセキュリティモデルにより、以前の Cookie にアクセスできなくなります。 この中断は、新しい CNAME への最初の切り替え時にのみ発生します。 ホスト名は変更されないので、証明書の更新は同じ効果を持ちません。

CNAME 実装で使用される鍵の種類と証明書署名アルゴリズムは何ですか?

すべての証明書は RSA SHA-256 で、キーはデフォルトでは RSA 2048 ビットです。 2048 ビットを超えるキーサイズは、現在サポートされていません。

CNAME 実装でトラフィックに対する準備ができていることを検証するには、どうすればよいですか?

次のコマンドセットを使用します (macOSまたは Linux のコマンドライン端末で、bash と curl >=7.49 を使用 )。

  1. この bash 関数を端末にコピーして貼り付けるか、またはその関数を bash 起動スクリプトファイルに貼り付けます ( 通常は ~/.bash_profile または ~/.bashrc) を使用して、関数をターミナルセッション全体で使用できるようになります。

    function adobeTargetCnameValidation {
      local hostname="$1"
      if [ -z "$hostname" ]; then
        echo "ERROR: no hostname specified"
        return 1
      fi
    
      local service="Adobe Target CNAME implementation"
      local edges="31 32 34 35 36 37 38"
      local edgeDomain="tt.omtrdc.net"
      local edgeFormat="mboxedge%d%s.$edgeDomain"
      local shardFormat="-alb%02d"
      local shards=5
      local shardsFoundCount=0
      local shardsFound
      local shardsFoundOutput
      local curlRegex="subject:.*CN=|expire date:|issuer:"
      local curlValidation="SSL certificate verify ok"
      local curlResponseValidation='"OK"'
      local curlEndpoint="/uptime?mboxClient=uptime3"
      local url="https://$hostname$curlEndpoint"
      local sslLabsUrl="https://ssllabs.com/ssltest/analyze.html?hideResults=on&latest&d=$hostname"
      local success="✅"
      local failure="🚫"
      local info="🔎"
      local rule="="
      local horizontalRule="$(seq ${COLUMNS:-30} | xargs printf "$rule%.0s")"
      local miniRule="$(seq 5 | xargs printf "$rule%.0s")"
      local curlVersion="$(curl --version | head -1 | cut -d' ' -f2 )"
      local curlVersionRequired=">=7.49"
      local edgeCount="$(wc -w <<< "$edges" | tr -d ' ')"
      local edge
      local shard
      local currEdgeShard
      local dnsOutput
      local cnameExists
      local endToEndTestSucceeded
      local curlResult
    
      for shard in $(seq $shards); do
        if [ "$shardsFoundCount" -eq 0 ]; then
          for edge in $edges; do
            if [ "$shard" -eq 1 ]; then
              currEdgeShard="$(printf "$edgeFormat" "$edge" "")"
            else
              currEdgeShard="$(
                printf "$edgeFormat" "$edge" "$(
                  printf -- "$shardFormat" "$shard"
                )"
              )"
            fi
            curlResult="$(curl -vsm20 --connect-to "$hostname:443:$currEdgeShard:443" "$url" 2>&1)"
            if grep -q "$curlValidation" <<< "$curlResult"; then
              shardsFound+=" $currEdgeShard"
              if grep -q "$curlResponseValidation" <<< "$curlResult"; then
                shardsFoundCount=$((shardsFoundCount+1))
                shardsFoundOutput+="\n\n$miniRule $success $hostname [edge shard: $currEdgeShard] $miniRule\n"
              else
                shardsFoundOutput+="\n\n$miniRule $failure $hostname [edge shard: $currEdgeShard] $miniRule\n"
              fi
              shardsFoundOutput+="$(grep -E "$curlRegex" <<< "$curlResult" | sort)"
              if ! grep -q "$curlResponseValidation" <<< "$curlResult"; then
                shardsFoundOutput+="\nERROR: unexpected HTTP response from this shard using $url"
              fi
            fi
          done
        fi
      done
    
      echo
      echo "$horizontalRule"
      echo
      echo "$service validation for hostname $hostname:"
      dnsOutput="$(dig -t CNAME +short "$hostname" 2>&1)"
      if grep -qFi ".$edgeDomain" <<< "$dnsOutput"; then
        echo "$success $hostname passes DNS CNAME validation"
        cnameExists=true
      else
        echo -n "$failure $hostname FAILED DNS CNAME validation -- "
        if [ -n "$dnsOutput" ]; then
          echo -e "$dnsOutput is not in the subdomain $edgeDomain"
        else
          echo "required DNS CNAME record pointing to <target-client-code>.$edgeDomain not found"
        fi
      fi
    
      curlResult="$(curl -vsm20 "$url" 2>&1)"
      if grep -q "$curlValidation" <<< "$curlResult"; then
        if grep -q "$curlResponseValidation" <<< "$curlResult"; then
          echo -en "$success $hostname passes TLS and HTTP response validation"
          if [ -n "$cnameExists" ]; then
            echo
          else
            echo " -- the DNS CNAME is not pointing to the correct subdomain for ${service}s with Adobe-managed certificates" \
              "(bring-your-own-certificate implementations don't have this requirement), but this test passes as configured"
          fi
          endToEndTestSucceeded=true
        else
          echo -n "$failure $hostname FAILED HTTP response validation --" \
            "unexpected response from $url -- "
          if [ -n "$cnameExists" ]; then
            echo "DNS is NOT pointing to the correct shard, notify Adobe Client Care"
          else
            echo "the required DNS CNAME record is missing, see above"
          fi
        fi
      else
    
        echo -n "$failure $hostname FAILED TLS validation -- "
        if [ -n "$cnameExists" ]; then
          echo "DNS is likely NOT pointing to the correct shard or there's a validation issue with the certificate or" \
            "protocols, see curl output below and optionally SSL Labs ($sslLabsUrl):"
          echo ""
          echo "$horizontalRule"
          echo "$curlResult" | sed 's/^/    /g'
          echo "$horizontalRule"
          echo ""
        else
          echo "the required DNS CNAME record is missing, see above"
        fi
      fi
    
      if [ "$shardsFoundCount" -ge "$edgeCount" ]; then
        echo -n "$success $hostname passes shard validation for the following $shardsFoundCount edge shards:"
        echo -e "$shardsFoundOutput"
        echo
    
        if [ -n "$cnameExists" ] && [ -n "$endToEndTestSucceeded" ]; then
          echo "$horizontalRule"
          echo ""
          echo "  For additional TLS/SSL validation, including detailed browser/client support,"
          echo "  see SSL Labs (click the first IP address if prompted):"
          echo ""
          echo "    $info  $sslLabsUrl"
          echo ""
          echo "  To check DNS propagation around the world, see whatsmydns.net:"
          echo ""
          echo "    $info  DNS A records:     https://whatsmydns.net/#A/$hostname"
          echo "    $info  DNS CNAME record:  https://whatsmydns.net/#CNAME/$hostname"
        fi
      else
        echo -n "$failure $hostname FAILED shard validation -- shards found: $shardsFoundCount," \
          "expected: $edgeCount"
        if bc -l <<< "$(cut -d. -f1,2 <<< "$curlVersion") $curlVersionRequired" 2>/dev/null | grep -q 0; then
          echo -n " -- insufficient curl version installed: $curlVersion, but this script requires curl version" \
            "$curlVersionRequired because it uses the curl --connect-to flag to bypass DNS and directly test" \
            "each Adobe Target edge shards' SNI confirguation for $hostname"
        fi
        if [ -n "$shardsFoundOutput" ]; then
          echo -e ":\n$shardsFoundOutput"
        fi
        echo
      fi
      echo
      echo "$horizontalRule"
      echo
    }
    
  2. このコマンドを貼り付けます ( 置換 target.example.com をホスト名に置き換えます )。

    adobeTargetCnameValidation target.example.com
    

    実装の準備が整ったら、次のような出力が表示されます。 重要な点は、すべての検証ステータス行が表示される点です ではなく 🚫. 各 Target edge CNAME シャードが表示される CN=target.example.com:要求された証明書のプライマリホスト名に一致します(この出力では、証明書の追加の SAN ホスト名は印刷されません)。

    $ adobeTargetCnameValidation target.example.com
    
    ==========================================================
    
    Adobe Target CNAME implementation validation for hostname target.example.com:
    ✅ target.example.com passes DNS CNAME validation
    ✅ target.example.com passes TLS and HTTP response validation
    ✅ target.example.com passes shard validation for the following 7 edge shards:
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge31-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge32-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge34-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge35-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge36-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge37-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ===== ✅ target.example.com [edge shard: mboxedge38-alb02.tt.omtrdc.net] =====
    *  expire date: Jul 22 23:59:59 2022 GMT
    *  issuer: C=US; O=DigiCert Inc; CN=DigiCert TLS RSA SHA256 2020 CA1
    *  subject: C=US; ST=California; L=San Jose; O=Adobe Systems Incorporated; CN=target.example.com
    
    ==========================================================
    
      For additional TLS/SSL validation, including detailed browser/client support,
      see SSL Labs (click the first IP address if prompted):
    
        🔎  https://ssllabs.com/ssltest/analyze.html?hideResults=on&latest&d=target.example.com
    
      To check DNS propagation around the world, see whatsmydns.net:
    
        🔎  DNS A records:     https://whatsmydns.net/#A/target.example.com
        🔎  DNS CNAME record:  https://whatsmydns.net/#CNAME/target.example.com
    
    ==========================================================
    
    メモ

    この検証コマンドが DNS 検証で失敗したが、必要な DNS の変更を既に行っている場合は、DNS の更新が完全に反映されるまで待つ必要がある場合があります。 DNS レコードに関連付けられた TTL (time-to-live) は、これらのレコードの DNS 応答のキャッシュ有効期限を示します。 その結果、少なくとも TTL が設定されている間は、待つ必要が生じる場合があります。 以下を使用して、 dig target.example.com コマンドまたは G Suite Toolbox を使用して特定の TTL を調べます。 世界中での DNS 伝播を確認するには、 whatsmydns.net.

CNAME でのオプトアウトリンクの使用方法

CNAME を使用している場合、オプトアウトリンクには次のコードが含まれている必要があります。 "client=clientcode 次に例を示します。
https://my.cname.domain/optout?client=clientcode.

置換 clientcode クライアントコードを使用して、 オプトアウト URL.

既知の制限事項

  • CNAME および at.js 1.x を使用している場合、QA モードは固定ではありません。これは、サードパーティ Cookie に基づいているからです。 回避策として、移動先の各 URL にプレビューパラメーターを追加します。 CNAME と at.js 2.x を使用している場合、QA モードは定着です。
  • CNAME を使用する場合、 Target 呼び出しが増加します。 Adobe では、cookie のサイズを 8 KB 未満に保つことをお勧めします。

このページ