mbox3rdPartyId のリアルタイムプロファイル同期

Adobe Target の mbox3rdPartyId は、会社のロイヤルティプログラムのメンバーシップ ID などの、会社の訪問者 ID です。

訪問者が会社のサイトにログインすると、通常、会社は訪問者のアカウント、ロイヤルティカード、メンバーシップ番号またはその会社で適用できるその他の識別子に結び付けられる ID を作成します。

訪問者が Target が有効なページにアクセスすると、その訪問者に Target PCID が割り当てられます。訪問者がその後ログインし、実装が mbox3rdPartyId を Target に渡すと、Target は、その訪問者の mbox3rdPartyId を Target PCID に関連付けます。

3 ~ 5 分ごとに、更新がデータベースと同期されます。訪問者がログアウトすると、mbox3rdPartyId に関連付けられた以前のデータが、結合されたデータに置き換わり、その訪問者の行動の完全な記録が作成されます。両方の ID に同じ属性が存在する場合(例えば、PCID で category=hats、mbox3rdPartyId で category=skis になっている場合や、ログイン前には訪問者にエクスペリエンス A が表示されたが、mbox3rdPartyId にはエクスペリエンス B が格納されているような場合)、 mbox3rdPartyId に格納されている属性は、PCID の属性を上書きします。ログイン前に訪問者がいたアクティビティまたはエクスペリエンスとは異なるアクティビティまたはエクスペリエンスが mbox3rdPartyId に格納されている場合、その訪問者はログイン後に mbox3rdPartyId のアクティビティとエクスペリエンスに移動します。

PCID(ログインなし) mbox3rdPartyId(ログインしている) 結合されて mbox3rdPartyId に保存
category=hats category=skis category=skis
store=94103 store=94103
アクティビティ 1、エクスペリエンス A アクティビティ 1、エクスペリエンス B アクティビティ 1、エクスペリエンス B
アクティビティ 1 アクティビティ 1

訪問者がログアウトしても、結合されたプロファイルは維持されます。

メモ

認証済み(ログイン済み)ユーザーと非認証ユーザーを区別する場合は、mbox3rdPartyID ではなく Adobe Experience Cloud Identity Service(ECID)を使用します。ユーザーと mbox3rdPartyID を関連付けたら、ログアウト後も、そのユーザーとの関連付けは維持されます。

メモ

Adobe Analytics 目標が追跡されない場合、 Adobe Experience Cloud ID(ECID) の変更(例えば、訪問者がデバイスを変更した場合)は、 Target プロファイルは、mbox3rdPartyId に基づいて結合され、アクティビティ情報が保持される場合があります。 同じ ECID で識別される訪問者(同じデバイスでページにアクセスした訪問者)の場合、 Analytics for Target (A4T) は期待どおりに動作します。

注意点

  • ページに複数の mbox が含まれ、一部のみが 3rdPartyID を使用する場合、Target では、訪問者リクエストごとに別の訪問者プロファイル/コンテキストになることはありません。3rdPartyID コンテキストは、PCID コンテキストよりも優先されます。PCID よりも優先させるには、1 つの mbox がそのコンテキストの 3rdPartyId を渡すだけで十分です。

    例えば、訪問者がログインする前にページにアクセスしてエクスペリエンスを表示するとします。グローバル mbox は 3rdPartyID を使用しません。ログイン後、訪問者には子 mbox を持つ 3 つのエクスペリエンス(一部は 3rdPartyID を使用)のいずれかが表示されます。訪問者は、サイトの様々なページを訪問してから、戻るボタンを使用してログイン前にアクセスしたメインページに戻り、様々なエクスペリエンスを表示します。このシナリオでは、グローバル mbox は 3rdPartyID を渡しませんが、1 つ以上の子 mbox から渡されています。3rdPartyID が PCID よりも優先されています。

  • 訪問者の顧客 ID を Target に送信するには、次の 2 つの方法があります。

    1. mbox3rdPartyId/thirdPartyId.

      • mbox3rdPartyId は、targetPageParams または targetPageParamsAll を使用する場合のパラメーター名です。
      • thirdPartyId は、Delivery API ペイロードに直接設定したパラメーター名です。
      • このパラメーターで送信できる値は 1 つだけです。
    2. ECID サービスの setCustomerIdcustomerIds 関数を使用します。

      • setCustomerId は、VisitorAPI.js がページで使用可能な場合に、クライアント側(ブラウザー)実装で使用できる関数です。
      • customerIds は、Delivery API ペイロードで直接設定する際に使用されるパラメーター名で、通常はサーバー側または IOT(Internet of Things)実装で使用されます。
      • mbox3rdPartyIdthirdPartyId とは異なり、この方法では複数の ID をリストとして送信できますが、Target では TnT ID ごとに 1 つの顧客 ID のみをサポートするので、既知のエイリアス(顧客属性 UI で設定されたエイリアス)を持つリストの最初の ID を使用します。
    重要

    上記の両方の方法を 1 人の訪問者に交互に使用すると、未認証と認証済みの Target プロファイルが誤って結合される可能性があります。

    アドビでは、mbox3rdPartyIdthirdPartyIdsetCustomerIDcustomerIds の両方を一緒に使用することはお勧めしません。

    両方の方法を交互に使用する必要がある場合は、setCustomerIDcustomerIds で使用されるリストの最初の ID が thirdPartyIdmbox3rdPartyId で使用される ID であること、およびその逆も成り立つことを確認します。

このページ