オーディエンス

最終更新日: 2022-03-14
  • トピック:
  • Audiences
    このトピックの詳細を表示

でのオーディエンスの使用 Adobe Target 様々なコンテンツやエクスペリエンスを特定のオーディエンスにターゲット設定して、適切なメッセージを適切な人に適切なタイミングで表示し、web マーケティングを最適化する。

オーディエンスは、ターゲットアクティビティを表示する、類似アクティビティ参加者のグループです。 オーディエンスは、新規訪問者、再訪問者、カリフォルニア州からの再訪問者など、同じ特性を持つ人々のグループです。 訪問者がターゲットオーディエンスに当てはまる場合は、Target により、アクティビティ作成時に定義された条件に基づいて、そのユーザーに表示するエクスペリエンスが決定されます。

デフォルトでは、トラフィックはエクスペリエンス間で等しく分割されます。しかし、対象の比率を各エクスペリエンスに設定できます。

オーディエンスは、ルールベースでもかまいません。 ルールベースのオーディエンスは、訪問者に関して収集された情報(例えば、訪問者の場所、ブラウザー、オペレーティングシステム、モバイルデバイスなどのデータ)に基づきます。

全員に同じコンテンツを表示し、レポートデータをグループ別に分類するには、オーディエンスの代わりにセグメントフィルターを使用します。

アクティビティが設定されたページを訪問者が訪れた場合、Target では、アクティビティに指定されたオーディエンスのメンバーにその訪問者が当てはまるかどうかが特定されます。訪問者がターゲットオーディエンスのメンバーでない場合は、その訪問者にはデフォルトのコンテンツが表示され、そのアクティビティのレポートには組み込まれません。

訪問者がターゲットオーディエンスに当てはまる場合は、Target により、アクティビティ作成時に指定された条件に基づいて、そのユーザーに表示するエクスペリエンスが決定されます。

トレーニングビデオ:アクティビティのターゲット設定(2:13)チュートリアルバッジ

このビデオでは、ターゲット設定とオーディエンスのセットアップに関する情報が説明されています。

  • オーディエンスのアクティビティへの割り当て
  • トラフィックの増減調整
  • トラフィック配分方法の選択
  • 様々なエクスペリエンスへのトラフィック配分

このページ