訪問者プロファイル

Adobe Targetでオーディエンスを作成し、特定のプロファイルパラメーターに一致する訪問者をターゲット設定します。

  1. Target インターフェイスで、オーディエンスオーディエンスを作成​をクリックします。

  2. オーディエンスに名前を付け、オプションで説明を追加します。

  3. 訪問者プロファイル​をAudience Builderウィンドウにドラッグ&ドロップします。

  4. 選択」をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    訪問者プロファイルのパラメーターは mbox(プロファイル)を介して渡されます。新しい訪問者と再訪問者のいずれもターゲットに設定することができます。さらに、すべてのユーザーを含めることも可能です。

    • 新しい訪問者
    • 再訪問者
    • 他のテストに存在
    • 他のテストに存在しない
    • セッションの最初のページ
    • セッションの最初のページ以外
    • カテゴリ親和性

    訪問者プロファイルは、新しい mboxPC によって mbox 呼び出しごとにローカルエッジのメモリ内に作成されます。無操作状態が30分間続くと、プロファイルはTargetデータベースに保存され、他のエッジからアクセスできるようになります。

    サイト訪問者がセッション中にログインし、3rdpartyIdを受け取ると、以前に読み込まれた、3rdPartyIdに関連付けられたすべてのプロファイル属性をすぐに使用できます。

    カスタムプロファイルパラメーターと user. パラメーターをターゲット設定できます。アクティビティのターゲット設定で使用するパラメーターを選択します。目的のパラメーターが表示されない場合、そのパラメーターはmboxで公開されていません。

  5. (オプション)オーディエンス用の追加のルールを設定します。

  6. 完了」をクリックします。

トレーニングビデオ:オーディエンス概要バッジの作成

このビデオでは、オーディエンスのカテゴリの使用について説明しています。

  • オーディエンスの作成
  • オーディエンスカテゴリの定義

このページ