トラフィックソース

Adobe Targetでオーディエンスを作成し、サイトに導いた検索エンジンやランディングページに基づいて訪問者をターゲット設定します。

例えば、訪問者のブラウザー、検索エンジンまたは参照元ランディングページを基にターゲットを定めることができます。参照ランディングページとは、訪問者が、そのセッション中に、現在のサイトに移動するためにクリックした参照元のページです(例えば、訪問者が Google 上で広告をクリックして adobe.com のホームページに移動した場合、参照ランディングページは google.com になります)。

複数のトラフィックソースを組み合わせて複雑なターゲットルールを作成できます。

  1. Target インターフェイスで、オーディエンスオーディエンスを作成​をクリックします。

    1. オーディエンスに名前を付け、オプションで説明を追加します。
  2. トラフィックソース​をAudience Builderウィンドウにドラッグ&ドロップします。

  3. 選択」をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • Baidu から
    • Bing から
    • Google から
    • Yahoo から
    • 参照ランディングページ:URL
    • 参照ランディングページ:ドメイン
    • 参照ランディングページ:クエリ

    選択に応じて、追加情報(評価基準や値)を指定する必要があります。

  4. (オプション)オーディエンス用の追加のルールを設定します。

  5. 完了」をクリックします。

特定の検索エンジン、または特定のランディングページからサイトに導かれたユーザーをターゲット設定できます。

トレーニングビデオ:オーディエンスの作成概要バッジ

このビデオでは、オーディエンスのカテゴリの使用について説明しています。

  • オーディエンスの作成
  • オーディエンスカテゴリの定義

このページ