成功指標へのレポート用オーディエンスの適用

Adobe Targetのレポート用オーディエンスのユーザーの資格を満たす成功指標を選択します。

すべてのアクティビティについて、適用先ドロップダウンリストを使用して、オーディエンスを成功指標に適用できます。これにより、指標に達した後および後続のアクションについてのレポート値を表示できます。

例えば、ホームページから入ってコンバージョンページに到達するすべての訪問者に対するアクティビティを作成したとします。さらに、コンバージョンの前に $50 を超える商品をカートに追加した訪問者をドリルダウンするとします。

「適用先」ドロップダウンリストには、次の3つのカテゴリが含まれている可能性があります。アクティビティへの訪問者、アクティビティの特定のステップに到達した訪問者のみ、またはコンバージョンに到達した訪問者のみ。 別の言い方をすると、アクティビティのエントリページの mbox、アクティビティの途中にあるポイントを定義する mbox、アクティビティの最後のコンバージョン mbox のどれに訪問者が到達している必要があるかを指定できます。

成功指標は、アクティビティに設定した場合にのみ使用できます。成功指標を定義していない場合、ドロップダウンリストには次の2つのオプションのみが表示されます。キャンペーンエントリとコンバージョン。

レポート用オーディエンスを成功指標に適用するときは、次の情報を考慮します。

  • 成功指標が適用されたアクションより前のアクションの場合、Targetはセグメント化されたオーディエンスを適用しません。
  • 成功指標が適用された後のアクションに対して、Targetはセグメント化されたオーディエンスを適用します。

レポートのセグメント化を表示するには、アクティビティのレポートのオーディエンスドロップダウンリストから目的のオーディエンスを選択します。

このページ