Dynamic Mediaクラシック(旧Scene7)の設定

Adobe Target を Adobe Dynamic Media Classic (旧称 Scene7)と統合して、 コンテンツライブラリでDigital Asset Management(DAM)を提供できます。

メモ

TargetとDynamic Media Classicを統合すると、Adobe Experience Cloudアセットフォルダーにアップロードされたアセット(アクティビティの一部として)を配信できます。 この統合では、Dynamic Media Classicにアップロードされたすべてのアセットに対して、Targetアクティビティでの配信用にアクセスできるわけではありません。

既にDynamic Mediaアカウントをお持ちの場合は、既存の資格情報を指定できます。 アカウントをお持ちでない場合は、Adobeの担当者に無償でDynamic Media Classicアカウントの使用制限をリクエストできます。 このアカウントは、Targetでのみ使用できるよう制限された目的で使用できます。 このサービスは、ワークフローに画像の入れ替え機能が必要なお客様向けのものです。

この設定が設定されていない場合、アクティビティ作成ワークフロー内の「スワップオファー」オプションは使用できません。この機能が設定されたら、画像オファーを交換/変更するオプションを Visual Experience Composer とフォームベースの Experience Composer の両方で利用できます。その後、Adobe Experience Cloudからアップロードされた画像をTargetアクティビティで使用するために、画像オファーを利用できます。

アクティビティの作成中に、オファーやカスタムコードで公開画像 URL を直接参照したい場合は、各自の Web サーバーに画像を展開し、コードで独自の URL を使用する必要があります。Experience Cloudにアップロードされた画像の公開済みURLを取得して、Targetを使用してターゲットワークフローの直接または外部で使用する方法はありません。 契約内容にあるように、この機能は許可されません。

ストレージURLとDynamic Mediaからの画像の最終公開URLは異なり、配信は画像のストレージリンクを使用して​NOT​でオファーを作成する必要があるので、このような場合はが機能しません。 ヘルプドキュメントで説明されているように、画像オファー機能を使用する必要があります。

Dynamic Media Classic (Scene7)と統合するには、次の情報を指定する必要があります。

  1. 管理/Scene7構成​をクリックします。

    Scene7ページ

  2. 次のDynamic Media Classicアカウント情報を指定します。

    **地域:**Dynamic Media アカウントの地域は、北米、ヨーロッパ、アジアです。

    アドホックフォルダー: ターゲットフォルダーの外部に存在し、手動でアップロードされるコンテンツの場所 Dynamic Mediaです。

    電子メールアドレス: ログインに使用する電子メールアドレス Dynamic Media Classic (Scene7)。

    パスワード: ( Dynamic Media Classic )へのログインに使用するパスワードScene7。

  3. 送信」をクリックします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now