Dynamic Mediaクラシック(旧Scene7)の設定

Adobe Target を Adobe Dynamic Media Classic (旧称 Scene7)と統合して、 コンテンツライブラリでDigital Asset Management(DAM)を提供できます。

メモ

TargetとDynamic Media Classicを統合すると、Adobe Experience Cloudアセットフォルダーにアップロードされたアセット(アクティビティの一部として)を配信できます。 この統合では、Dynamic Media Classicにアップロードされたすべてのアセットに対して、Targetアクティビティでの配信用にアクセスできるわけではありません。

既にDynamic Mediaアカウントをお持ちの場合は、既存の資格情報を指定できます。 アカウントをお持ちでない場合は、Adobeの担当者に無償でDynamic Media Classicアカウントの使用制限をリクエストできます。 このアカウントは、Targetでのみ使用できるよう制限された目的で使用できます。 このサービスは、ワークフローに画像の入れ替え機能が必要なお客様向けのものです。

この設定が設定されていない場合、アクティビティ作成ワークフロー内の「スワップオファー」オプションは使用できません。この機能が設定されたら、画像オファーを交換/変更するオプションを Visual Experience Composer とフォームベースの Experience Composer の両方で利用できます。その後、Adobe Experience Cloudからアップロードされた画像をTargetアクティビティで使用するために、画像オファーを利用できます。

アクティビティの作成中に、オファーやカスタムコードで公開画像 URL を直接参照したい場合は、各自の Web サーバーに画像を展開し、コードで独自の URL を使用する必要があります。Experience Cloudにアップロードされた画像の公開済みURLを取得して、Targetを使用してターゲットワークフローの直接または外部で使用する方法はありません。 契約内容にあるように、この機能は許可されません。

ストレージURLとDynamic Mediaからの画像の最終公開URLは異なり、配信は画像のストレージリンクを使用して​NOT​でオファーを作成する必要があるので、このような場合はが機能しません。 ヘルプドキュメントで説明されているように、画像オファー機能を使用する必要があります。

Dynamic Media Classic (Scene7)と統合するには、次の情報を指定する必要があります。

  1. 管理/Scene7構成​をクリックします。

    Scene7ページ

  2. 次のDynamic Media Classicアカウント情報を指定します。

    **地域:**Dynamic Media アカウントの地域は、北米、ヨーロッパ、アジアです。

    アドホックフォルダー: ターゲットフォルダーの外部に存在し、手動でアップロードされるコンテンツの場所 Dynamic Mediaです。

    電子メールアドレス: ログインに使用する電子メールアドレス Dynamic Media Classic (Scene7)。

    パスワード: ( Dynamic Media Classic )へのログインに使用するパスワードScene7。

  3. 送信」をクリックします。

このページ