スコアキャプチャ

Adobe Targetのスコアキャプチャエンゲージメント指標では、訪問者がキャンペーンの最初の表示Targetリクエストを最初に見た時点から、サイトで訪問されたページに割り当てられた値に基づいて集計スコアを計算します。

次の例は、猫の画像と犬の画像の 2 つのエクスペリエンスをテストするキャンペーンのスコアエンゲージメントの計算方法を示しています。

この例では、最初の訪問者は猫のエクスペリエンスを体験します。グローバルTargetリクエストが、ページの値に基づいてページスコアを渡すとします。 マーケターが**any Target request**に関連付けられた成功指標に対するページ数のエンゲージメントをキャプチャした場合、訪問スコアは、猫の画像に関する表示リクエストの後に表示されるリクエストに対して蓄積されます。

最初のページでスコアに 1 が加えられ、2 番目のページで 0.25、3 番目のページで 0.10、4 番目のページで 0.10 がそれぞれ加えられ、合計で 1.45 になります。この数値は、通貨またはポイントのいずれかに換算できます。別の訪問では、訪問者は犬のエクスペリエンスを体験します。表示したページは猫のエクスペリエンスよりも少なかったにも関わらず、スコアは 2.10 と高くなっていますが、これは犬のエクスペリエンスの方がページの価値が高いためです。

獲得コストとアフィリエイトリンクの売上高を計算に入れるには、後続のページフローに示すように、adbox とリダイレクターを渡します。この例では、記事ページのTargetリクエストの両方にスコア(おそらく既知のCPMを表す)が渡されます。

ページスコアの割り当て

サイトのページに値を割り当てる場合、自分にとってそのページが持つ価値に基づいて割り当てることができます。例えば、料理サイトでは、エクスペリエンスのセクションではなく、特集記事ページのほうが広告を高く売ることができるとします。この場合、特集記事はエクスペリエンスのセクションよりも価値が高くなります。ページにスコアを割り当てることによって、単にエクスペリエンスを閲覧するだけの訪問者よりも特集記事を読む訪問者の方が高い「ポイント」が得られるように、訪問の総合的な「価値」を作成することができます。

ページにスコアを割り当てるには次の 2 つの方法があります。

  • Targetリクエストで、mboxPageValueという名前のパラメーターを作成します。

    例:('global_mbox', 'mboxPageValue=10');

    指定された値は、そのTargetリクエストを含むページが表示されるたびに、スコアに加算されます。 ページ上の複数のリクエストにスコア値が含まれる場合、そのページのスコアはすべてのリクエスト値の合計になります。 mboxPageValue は、エンゲージメントスコアをキャプチャするためにTargetリクエストに値を渡すための予約済みパラメーターです。正の値も負の値も渡される可能性があります。各訪問者の訪問の最後に合計が計算され、その訪問の合計スコアが算出されます。

  • ページの URL で ?mboxPageValue=n パラメーターを渡します。

    例:https://www.mydomain.com?mboxPageValue=5

    この方法を使用すると、ページ上のTargetリクエストごとに、指定した値がスコアに加算されます。 例えば、パラメーター?mboxPageValue=10を渡し、ページに3つのTargetリクエストがある場合、そのページのスコアは30になります。

メモ

アクティビティの最初の表示Targetリクエストの上にあるTargetリクエストは、スコアに含まれません。

ベストプラクティスは、Targetリクエストに値を割り当てることです。 これにより、各リクエストの内容に応じて、測定する値を正確に指定できます。

メモ

メンテナンスを容易にするために、JavaScriptの条件付きロジックを含んだat.jsファイル内で、サイトのページスコア値の割り当てを設定できます。 これにより、ページに多くのコードを記述しなくても済みます。サポートが必要な場合は、担当のアカウントコンサルタントにお問い合わせください。

上記の 2 つの方法を組み合わせることもできますが、スコアは予期したよりも高くなる場合があります。例えば、3つのTargetリクエストのそれぞれに10の値を割り当て、4番目のリクエストにスコアを割り当てずにURLパラメーター?mboxPageValue=5を渡した場合、値が割り当てられた3つのリクエストのページスコアは50、30、ページ上の4つのリクエストのそれぞれに5になります。

カウンターは、エントリリクエストではなく、最初の表示リクエストで開始します。 例えば、表示リクエストのないホームページでアクティビティを開始し、表示リクエストを含むカタログページへのリンクを入力すると、カウンターはカタログページに移動すると開始されます。

また、費用がかかるページや訪問者が見る価値のないページには、負の値を割り当てることができます。負の値もまたスコアの総計に入れられます。このテクニックを広告から訪問者が移動するページに適用して、CPC の値を判定することができます。また、訪問者がそのページから連絡をとったり、ヘルプを要求することがわかっている連絡先ページやサポートページに、負の値を割り当てることもできます。

このページ