アクティビティ URL

アクティビティURLは、テストで使用され、Adobe Targetを使用して設計されたテストで開くページを決定します。

アクティビティ作成中にアクティビティ URL の入力を求められたら、URL を指定します。https:// を含む完全な URL を入力して、「作成」をクリックします。

メモ

Target は URL プロトコル(https および http)を区別しません。その結果、http://www.adobe.com と [!DNL https://www.adobe.com] の両方が一致します。

異なる URL の指定

デフォルトでは、Visual Experience Composerは、Visual Experience Composerの設定で指定されたページを開きます
. アクティビティ作成中に、異なるページを指定することもできます。

Visual Experience Composer を開いた後に異なるページを表示するには、設定​の歯車アイコンをクリックして、「ページ配信」を選択します。「アクティビティ URL」フィールドに URL を入力します。

ページ配信ダイアログボックス

アクティビティにさらにページまたはセクションを追加するには、「テンプレートルールを追加」をクリックします。

追加のルールは、以下のいずれかに基づいています。

  • URL
  • ドメイン
  • パス
  • ハッシュ(#)フラグメント
  • クエリ
  • mbox パラメーター

追加のルールは、AND または OR を使用してアクティビティ URL と結合できます。追加したすべてのルールは、AND を使用してお互いに評価されます。

終了したら「保存」をクリックします。

メモ

Standard の JavaScript コードを含まないサイトの URL を入力すると、ページ要素を選択できません。Target

デフォルトでは、バナーの回転など JavaScript を含む要素については、Visual Experience Composer で変更できません。Visual Experience Composer を使用してこのような要素を変更するには、「JavaScript を使用してレンダリング」をオフにします。

メモ

1 つ以上のエクスペリエンスに対してページに変更を加えた後、URL を変更すると、エクスペリエンスは新しいページを使用してリセットされ、おこなった変更が失われます。

このページ