Android 用AdobeMobile Services SDK v4 を使用したAdobe Target — 概要

Adobe TargetとAdobeMobile Services SDK v4 for Android は、既に AdobeMobile Services SDK v4 を使用し、Adobe Targetでのアプリエクスペリエンスのパーソナライズを開始したい Android 開発者にとって最適な出発点です。

レッスンを完了するためのデモ Android アプリが用意されています。 このチュートリアルを完了すると、自分の Android アプリに Target を実装する準備が整います。

このチュートリアルでは、以下の内容について学習します。

  • AdobeMobile Services SDK の設定を検証します
  • 次のタイプの Target リクエストを実装します。
    • Target コンテンツのプリフェッチ
    • 1 つのリクエストで複数の Target 場所 (mbox) をバッチ処理
    • リクエストのブロック(アプリの表示前に実行)
    • 非ブロックリクエスト(バックグラウンドで実行)
    • リアルタイム(非キャッシュ)
    • キャッシュバスティングのリフェッチ
  • リクエストへのパラメーターの追加によるパーソナライゼーションの強化
  • オーディエンスとオファーの作成
  • レイアウトのパーソナライズ
  • 機能フラグを設定した新機能のロールアウト

前提条件

このレッスンでは、次の操作を想定しています。

  • Adobe TargetインターフェイスにAdobeID と承認者レベルでアクセスできる(以下の検証手順を参照)
  • 独自のアカウントにリクエストをおこなえるように、Adobe Targetクライアントコードを把握しておく。 クライアントコードは、 「セットアップ」/「実装」/「 at.js 設定を編集」画面
  • Mobile Services ユーザーインターフェイス にアクセスでき、詳しい
  • Android モバイルアプリ開発用の IDE を持っている。 このチュートリアルは、様々な手順とスクリーンショットで Android Studio を取り上げます。

必要なExperience Cloudソリューションへのアクセス権がない場合は、Experience Cloud管理者に問い合わせてください。

また、Java での Android の開発に精通していることを前提としています。 Java の専門家でなくてもレッスンを完了できますが、コードを快適に読んで理解できれば、レッスンを最大限に活用することができます。

Adobe Targetへのアクセスの検証

このレッスンでは、Adobe Targetにアクセスする必要があります。 次の手順を進める前に、次の手順を実行してAdobe Targetにアクセスできることを確認します。

  1. Adobe Experience Cloud にログインします。

  2. Experience Cloudのホーム画面で、Target をクリックします。
    Experience Cloudのホーム画面

  3. 次の図に示すように、Adobe Targetのアクティビティリストに移動し、ユーザーが承認者レベルのアクセス権を持っていることを確認します。 Target にアクセスできない場合や、承認者レベルのアクセス権を確認できない場合は、会社のExperience Cloud管理者に問い合わせて、このアクセス権を要求し、許可された後でこのチュートリアルを再開してください。

    AdobeUI

レッスンについて

このレッスンでは、独自のAdobe Targetアカウントを使用して、Adobe Targetを「We.Travel」と呼ばれるデモ旅行アプリに実装します。 チュートリアルの最後までに、アプリの使用状況に基づいてパーソナライズされたメッセージをユーザーに配信します。 最終的なパーソナライゼーションエクスペリエンスは次のようになります。

We.Travel アプリの最終版

We.Travel アプリ内での実装を順を追って実行すると、独自のモバイルアプリで Target を使い始めることができます。

始めよう!

次へ:「サンプルアプリのダウンロードと更新」>

このページ