オンデバイス判定の概要

説明

Adobe Target on-device decisioning は、ゼロに近い遅延のコンテンツ配信を可能にします。 この 7 分間のビデオ:

  • Target 実装の他の方法との比較方法を含む、デバイス上の判定について説明します
  • Target でオンデバイス判定を有効にする方法を示します
  • JSON コンテンツを使用して設定されたフォームベースのコンポーザーアクティビティの例を調べます。
  • オンデバイス判定に必要なキー設定を含む Node.JS SDK コードのサンプルを示します
  • ブラウザーでの結果を示します。

目標

このビデオを最後まで見ると、次の内容がわかります。

  • デバイス上での判定とその利点
  • Target でのオンデバイス判定の有効化
  • オンデバイス判定での使用を目的としたフォームベースのコンポーザーアクティビティの作成
  • Adobe Target SDK のドキュメント にアクセスして、オンデバイス判定に必要な SDK 設定について詳しく知る
  • オンデバイス判定を使用して配信されるコンテンツについて、エンドユーザーが体験する内容を理解する

対象読者

  • アーキテクト

詳しくは、Adobe Target SDK のドキュメント を参照してください。

このページ