属性の取得 (Node.js)

最終更新日: 2023-07-27
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

説明

getAttributes() は、次の場所から実験とパーソナライズされたエクスペリエンスを取得するために使用されます。 Target 属性値を抽出します。

メソッド

getAttributes

TargetClient.getAttributes(mboxNames: Array, options: Object): Promise

パラメーター

名前 タイプ 必須 デフォルト
mboxNames 配列 None
options オブジェクト × None

プロミス

The Promise 返送者: TargetClient.getAttributes() は次のメソッドを使用してオブジェクトを解決します。

メソッド 戻り値の型 説明
getValue(mboxName, key) 任意 指定された mbox 名と属性キーの値を返します
asObject(mboxName) オブジェクト キーと値のペアを持つシンプルな json オブジェクトを返します
getResponse() getOffers 応答 が返す応答オブジェクトを返します。 getOffers

Node.js

const TargetClient = require("@adobe/target-nodejs-sdk");
const CONFIG = {
  client: "acmeclient",
  organizationId: "1234567890@AdobeOrg"
};

const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);
const offerAttributes = await targetClient.getAttributes(["demo-engineering-flags"]);


//returns just the value of searchProviderId from the mbox offer
const searchProviderId = offerAttributes.getValue("demo-engineering-flags", "searchProviderId");

//returns a simple JSON object representing the mbox offer
const engineeringFlags = offerAttributes.asObject("demo-engineering-flags");

//  the value of engineeringFlags looks like this
//  {
//      "cdnHostname": "cdn.cloud.corp.net",
//      "searchProviderId": 143,
//      "hasLegacyAccess": false
//  }

const assetUrl = `http://${engineeringFlags.cdnHostname}/path/to/asset`;

このページ