ロガー (Java)

最終更新日: 2023-07-27
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

説明

条件 SDK の初期化、には複数のオプションがあります ClientConfig オブジェクトに書き込みます。このオブジェクトはリクエストをログに記録するために設定できます。

オプション 説明
logRequests リクエスト本文全体と応答本文全体をログに記録します。
logRequestStatus リクエストの URL、ステータス、応答時間を記録します。

Target Java SDK では、 slf4j ログ。 ロガーの実装 ( 例: java.util.logging, logback、および log4j. 参照: http://www.slf4j.org/manual.html を参照してください。 すべてのログは、 debug.

次を追加: slf4j 依存関係。

Gradle

compile 'org.slf4j:slf4j-simple:2.0.0-alpha0'
<dependency>
    <groupId>org.slf4j</groupId>
    <artifactId>slf4j-simple</artifactId>
    <version>2.0.0-alpha0</version>
</dependency>

を有効にします。 DEBUG のログを作成し、リクエストのログフラグをマークします。

デバッグ

System.setProperty(SimpleLogger.DEFAULT_LOG_LEVEL_KEY, "DEBUG");
ClientConfig config = ClientConfig.builder()
        .client("acmeclient")
        .organizationId("1234567890@AdobeOrg")
        .logRequests(true)
        .logRequestStatus(true)
        .build();

TargetClient targetClient = TargetClient.create(config);

要求、応答、および応答時間がコンソールに表示されます。

このページ